7.0ppm超高濃度水素水

クオシアの高濃度水素水「セブンウォーター」は「水素水7.0 アキュエラ」と何が違うのか?

※2018年6月追記:

現在、「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」は、すでに販売を終了しています。

また「セブンウォーター」は「セブンウォーターエクストラ」に進化しています。こちらの記事は「セブンウォーターエクストラ」の参考にしていただければと思います。

 

私は今、おそらく市販の水素水の中では最高濃度と思われる「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」を愛飲していますが、先日「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」にそっくりな水素水を見つけました。

その名も「セブンウォーター」

販売会社を調べてみると「クオシア」という会社で、水素水7.0aquela(アキュエラ)の販売会社「トラストネットワーク」とは異なっていました。

今回はパット見同じように見える「水素水7.0aquela(アキュエラ)」と「セブンウォーター」について、調べてみると実は大きな違いがあったのでご紹介してみたいと思います。

 

 

高濃度水素水【セブンウォーター】
公式サイトで確認してみる

 

 

「水素水7.0aquela」にそっくりな「セブンウォーター」

sebunhyoushi

↑こちらが「セブンウォーター」。

 

そして下の画像が「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」です。

akyueranohako

似てますね。。

 

でも「セブンウォーター」の公式サイトを見てみると、水素水の作り方が微妙に異なることがわかりました。

 

「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」の作り方

私が飲んでいる「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」の作り方は・・

「水素水7.0 aquela」水素発生剤

こちらの「水素発生剤」(不織布で包まれています)を、

 

 

水素水7.0 aquela

折りたたんで専用のプラスチックケースに入れ、

 

 

 

水素水7.0 aquela

スポイトで水をたらし、

 

 

 

 

水素水7.0 aquela

専用カプセルに入れます。

 

 

このカプセルを、水を入れた専用の「耐圧ペットボトル」に入れると水素が発生し始めます。

「水素水7.0 aquela」水素発生

だいたい15分くらいで約5.0ppmの高濃度の水素水ができます。

(約7.0ppmまで上げるには、1日寝かせる必要があります)

 

 

セブンウォーターの作り方

一方、セブンウォーターの作り方はもう少しシンプルです。

さきほどもでてきた「水素発生剤」をカプセルに入れたりせず、直接ペットボトルに入った水に浸けます!大胆!

hasseizaiwo

あとはキャップを閉めて12時間寝かせれば水素水ができあがります。

 

セブンウォーターのほうが作り方はシンプルですが、水素水が出来上がるまでの時間はかなりかかりますね。

 

「セブンウォーター」と「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」の作り方の違いはなぜ生まれたのか?

「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」ユーザーの私としては、セブンウォーターの作り方にはびっくりしました。

なぜなら「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」ではカプセルに入れるため水に直接触れない「不織布で包まれた水素発生剤」が、「セブンウォーター」の場合は直接飲み水に触れるからです。

気持ち的に、不織布を長時間浸けこんだ水を飲むのはあまりいい気持ちがしなくないですか?

 

そこで、いつも飲んでいる「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」の販売会社「トラストネットワーク」に次のような問い合わせをしてみました。

管理人KON
管理人KON
インターネットで「セブンウォーター」という商品をみかけたのですが、商品内容を見ると「水素水7.0アキュエラ」と非常によく似ているものの、

・「水素発生カプセル」が不要

・「水素発生剤」を直接水に浸ける

という水素水の作り方になっていました。

同じ製造元のOEM商品だと思ったのですが、水素水の作り方が異なっているので気になっています。

・水素発生カプセルを使うメリットは何なのか?

・水素発生剤を直接水に入れても水素水はできるものなのか?

・御社としては「セブンウォーター」についてどういう評価をされているのか?

以上に3点についてお伺いできないでしょうか??

すると以下のような素早いご返答をいただきました。

お問い合わせの件でございますが、水素発生剤は、お水と触れる事で水素ガスを発生致します。

【水素水7.0】は、カプセルセットをご使用頂く事で、水素発生剤が直接お飲み物に触れない構造になっておりますので安心してご飲用頂けます。

セブンウォーターに関しましては、他社様の製品になりますので、こちらからお答えする事が出来かねます。

申し訳ございません。

 

ということで、さすがにセブンウォーターのことをどうこう言うというのはありませんでしたが、

「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」は不織布の水素発生剤がカプセルに入っているので安心です」

という点を強みとして認識されていることがわかりました。

 

セブンウォーターの作り方は大丈夫なのか?

私がセブンウォーターの作り方に不安を覚えたのは、水素水7.0aquela(アキュエラ)の水素発生剤に使われている不織布だと、水に長時間浸けると水に何か混じりそうに思えたからでした。

「水素水7.0 aquela」水素発生剤

この不織布。

 

そこでより詳しく「セブンウォーター」について調べてみると、次のようなことがわかりました。

■ セブンウォーターは、やはり水素水7.0aquela(アキュエラ)と同じ製造元がつくっている(販売会社が異なる)

■ セブンウォーターの水素発生剤に使用されている不織布は、水素水7.0aquela(アキュエラ)のものとは異なり、水を通さない特殊加工がしてある

■ その特殊加工があるために、水素発生剤と水の反応に時間がかかり、水素水ができあがるまでに12時間かかる

 

「セブンウォーター」の不織布は防水加工がしてあり、「水素水aquela7.0」の不織布とは異なる

ということで、セブンウォーターの不織布は水素水7.0 aquela のものとは異なり、

「特殊加工がしてあるので水素発生剤を直接水に浸けても大丈夫だけど、その特殊加工が原因で、できあがるまでに時間がかかる

ということでした。

 

実は製造元メーカーの「株式会社 MiZ」は2種類の水素水発生方法を開発しており、一方が「水素水7.0 aquela」に、もう一方が「セブンウォーター」に採用されていたというわけでした。

 

じゃあセブンウォーターと水素水7.0 aquela(アキュエラ)はどっちがいいの?

セブンウォーターと水素水7.0 aquela(アキュエラ)の比較をまとめてみましょう。

水素水ができるまでの時間は圧倒的に「水素水7.0アキュエラ」

まず水素水生成時間としては「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」に軍配が上がります。

■ 水素水7.0aquela(アキュエラ):10〜15分

■ セブンウォーター:12時間

このように圧倒的に違います。

 

つくりやすさは「セブンウォーター」

いっぽうでつくりやすさに関しては、

水素発生剤をボトルにいれるだけでいい」セブンウォーターのほうがかなり楽ちんです。

水素水7.0 aquela(アキュエラ)は作業工程がけっこうあるので、ちょっと面倒くさい部分はありますね。

 

 

セブンウォーターと水素水7.0 aquela(アキュエラ)の価格の違いは?

次に価格の違いを見てみると、

水素水7.0 aquela(アキュエラ)の価格は・・

■ スターターセット:6,800円(税込・送料無料)
【カプセル・スポイト・ペットボトル 各2、水素濃度判定試薬1箱、水素発生剤 30包入り】

■ 継続の場合:
水素発生剤30包(通常):7,800円(税込・送料別)
水素発生剤30包(定期購入):6,900円(税込・送料無料)
水素発生剤60包(定期購入):12,800円(税込・送料無料)
※送料:定期購入とお試しセットは送料無料、それ以外は送料540円

 

セブンウォーターの価格は・・

■初回限定お試しセット:6,048円(税込・送料無料)

■ 継続の場合:
水素発生剤30包(定期購入):5,832円(税込・送料無料)
水素発生剤60包(定期購入):10,692円(税込・送料無料)

 

ということで、1日1包(500ml分)使用するとすると、

■ 初回1ヶ月分:セブンウォーターのほうが852円安い

■ 継続1ヶ月分(水素発生剤30包):セブンウォーターのほうが毎月1,068円安い

 

となり、「コストを下げたい」という場合は「セブンウォーター」という選択になります。

 

高濃度水素水【セブンウォーター】公式サイトで確認してみる

 

 

まとめ。「価格」をとるか、「できるまでの時間」をとるか。

ということで、偶然みつけたそっくりさん「セブンウォーター」と「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」を比較してきました。

どちらも市販の水素水のなかでは圧倒的に高濃度の水素水です。

アルミパウチの高濃度水素水でも自宅で飲むときは1.0~1.3ppmの水素濃度ですが、この2つであれば5.0ppm以上の水素水を飲むことができます。

 

「最高濃度の水素水を飲んで水素水の効果を実感したい」という方であれば「セブンウォーター」と「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」のどちらかを選ぶことになるでしょう。

 

この2つのどちらを選ぶかについては・・・

■ コストが安い方がいい→「セブンウォーター」

■ 水素水ができるまで12時間も待てない→「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」

という選択になるかと思います。

「最高濃度の水素水を体験してみたい!」という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 


※2018年6月追記

「セブンウォーター」は進化して「セブンウォーター・エクストラ」になっています。

なにが変化したかというと、なんと「水素水完成までの時間が約10分」と大幅に短縮されています。

そのかわりに「水素水7.0アキュエラ」のような専用カプセルを使うようになっていますが(笑)

やはりできあがるまで10時間以上かかるという方式はお客さんに支持されなかったのでしょうね。

 

>>高濃度水素水【セブンウォーターエクストラ】公式サイトをみてみる

>>【水素水7.0 aquela(アキュエラ)】公式サイトをみてみる