水素水とは何?その定義・特性について

水素水の水素はどうやって体に吸収されるの?|必要な場所へ届くメカニズム

「水素水を飲んでも胃で酸化されてなくなってしまうのでは?」

「炭酸飲料を飲んでも炭酸ガスはほとんど吸収されないんだから、水素も吸収されないんじゃないの?」

このように、水素水を飲んでも水素はからだに吸収されない→水素水なんてエセ科学だ

という話をされる方も中にはいらっしゃいます。

 

水素水を飲むとどのように水素分子がからだに吸収されていくのでしょうか?

今回はこの点について詳しく確認してみたいと思います!

「どうせなら納得して水素水を飲みたい!」という方はぜひ参考にされてみてくださいね。

 

水素は「消化」ではなく「拡散」される

水素は、食べ物を食べて吸収される栄養分と比べると、からだへの吸収のしくみが大きく異なっています。

食べ物に含まれる栄養分【炭水化物・脂肪・タンパク質など】はまず消化酵素によって小さな分子に分解され、小腸からそれぞれの仕組みにそって吸収されていきます。

水素にはこのような吸収の仕組みはありません。

ではどのようにからだに取り込まれていくかというと、「消化」ではなく「拡散」と呼ばれる原理によって体内にひろがっていきます。

 

「拡散」とは

ここでいう拡散とは小さな分子が自然に散らばり広がっていく現象のことをさします。

たとえていうと、煮物に煮汁がしみこんでいくようなイメージでしょうか。

水素水に溶け込んだ水素分子は、からだのなかで煮汁のように体中にじわじわとひろがっていきます。

■ だいたい10分ほどでからだに吸収され、使われなかった水素は1時間ほどかけて吐く息とともに体外に排出されていきます。

 

じわじわとひろがっていく水素分子は血液のなかにも溶け込んでいくため、血液にものって体中へ運ばれていきます。

このようにして、ビタミンCなど一般的な抗酸化物質が届きにくい脳や卵巣にも水素は達することができるんですね。

 

水素は胃でなくなってしまう?

「水素水を飲んでも胃の中の胃液(胃酸)によってなくなってしまうんじゃないの?」という話もありますが、水素の性質として「酸とは反応しない」というものがあります。

つまり胃の中でも水素分子(H2)は安定したままで、なくなったりしないんですね。

 

炭酸飲料に含まれる炭酸ガスと水素水に含まれる水素の違い

「コーラなどの炭酸飲料を飲んでも炭酸ガス(二酸化炭素)はほとんどからだに吸収されない。だから水素水に含まれる水素も吸収されないはず」という話についてはどうでしょうか?

この点については単純に二酸化炭素(CO2)と水素(H2)の分子量の大きさが違うというのがあります。

水素分子の分子量2にたいし、二酸化炭素の分子量は44あります。

水素分子は大きさが小さいので生体膜を自由に通過できるという特長があるんですね。

 

さらに分子が拡散するスピードの面でみてみると、分子の拡散スピードは分子量の2乗に反比例すれるため、拡散速度は水素のほうが484倍(22×22)も速くなります。

これらの事情により、水素のほうがはるかに細胞内に吸収されやすい性質をもっているわけです。

■ さらに詳しい話をすると、二酸化炭素が水に溶けると炭酸イオンになるため、胃の生体膜を通過できなくなるという面もあるようです。

ここまでくるとなかなかむずかしい話になってきますね^^;

 

水素は皮膚からも吸収される

水素分子は皮膚からも吸収されます。

水素入浴が効果的なのは皮膚からも体内に水素が「拡散」していくからですね。

水素風呂に浸かってからだいたい7〜10分ほどで全身に水素がめぐります。

 

まとめ

というわけで、今回は「水素水に含まれる水素分子が体内へ吸収されていくメカニズム」について簡単にまとめてみました。

水素水を飲むことによって体じゅうに水素分子がひろがっていき、悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)の無効化をはじめとした様々なはたらきをしてくれます。

安心して水素水を飲んでいただければと思います。

 

 

 

ABOUT ME
管理人KON
長年敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。 そこから水素の医学研究や様々な製品にも強く興味を持つようになり、その調べた内容や、実際に使ってみた体験談をまとめています。>>詳しいプロフィールはこちら
水素吸引・水素吸入特集

「寝ても寝ても疲れがとれない」
「慢性的な持病をなんとかしたい」
「いつまでも若々しく健康でいたい」
「家族の健康のために、何かできることをしたい」
「美容や健康にプラスになることをしたい」

このような思いをもって、水素吸引に興味をもっている方はどんどん増えてきています。

でも、1回数十分で5,000円近くかかる水素サロンなどに通い続けるにはコストがかかりすぎます。

かといって現在市販されている水素吸引器を検討しようにも、

  • 価格がバラバラ
  • スペックの規格や水素発生方法もそれぞれ違う
  • 安全性のためにどこをチェックすればいいのかわからない

といったわかりにくさから、

どうやって選べばいいのかわからいない!!

という方も多いのではないでしょうか?

私も水素吸引器を検討し始めたときは同じような悩みを抱えていました。

そこからさまざまなメーカーさんいも問い合わせたりしながら、かなりつっこんだところまで各水素吸引器について調べ上げ、納得いく水素吸引器選びをすることができたという経験があります。

そこでこのプロセスで身につけた「失敗しない水素吸引器選びのコツ」を、約1分で読める無料メール講座全7回としてシェアさせていただきたいと思います。

自宅に満足できる水素吸引器があると、本当に人生の質が変わります。

少しでも興味のある方は、ぜひご登録してみてください。

1日1分でわかる!水素吸引器の選び方無料講座全7回

 

2016年12月に「水素ガス吸入治療」が厚生労働省の「先進医療B」に認定されて以降、水素吸引が注目を集めています。

当サイト「スイスピ」では

『水素吸引についてのアンケート調査』
『市販の水素吸引器を徹底比較』

などをおこない、水素吸引の恩恵が身近なものになるようなコンテンツを掲載しています。

美容や健康のために「水素吸引が気になっている!」という方はぜひ参考にしてみてください。

>>水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ

 

>>【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?