水素についての論文

水素・水素水の研究論文で確認されているはたらきのまとめ

水素、または水素水にはどんなはたらきがあるのでしょうか?

水素の医学研究が盛んになったのは、2007年にNature Medicine誌に掲載された、日本医科大学太田教授の論文以降のこと。

それ以前は「水素は生体内で不活性」というのが常識だった(水素が体内でなんらかの影響力をもつのはありえない)そうです。

そうした「過去の常識」にもとづいて水素の医学研究を「ありえない」と批判しているケースもあるようですが、現実にすすめられている研究のなかでは、この「常識」をくつがえす科学的な事実が数多く発見されています。

国による公的な効果・効果効能はまだ認められていませんが、科学的にはすでに「水素が生体にたいして効果がない」とはいえない状況といえます。

[icon name=”comments” class=”” unprefixed_class=“”]2017年1月現在、すでに学術論文は世界で600報を超えています。

 

このページでは、

  • 水素の体内での作用の仕方→具体的にどんなメカニズムで効果を発揮するのか?
  • 科学的な事実から、今後どんな効果が期待されるのか?

これらの内容について書いた記事をまとめています。

「水素はどういう仕組みで、どんなはたらきが研究のなかで観察されているの?」

と疑問に思ったときの目次として役立てていただければと思います。

 

 

水素分子は体内でどんなふうに働くの?

水素のはたらきは、有害な活性酸素をとりのぞく作用とからめて語られることが多いです。

が、研究の進展にともなって、それ以外のメカニズムもあることがわかってきています。

水素の作用のしかたについて、いくつかの記事でまとめています。

 

 

研究のなかで確認されている水素のはたらき

水素医学についての研究論文は、世界ですでに600報を超えています。

ここでは、それらの研究論文のなかでどんな内容が確認されているのか?についてまとめています。

「動物実験で確認されている内容」
「人を対象にした臨床試験で確認されている内容」

それぞれまとめていますので、ご確認いただければと思います。

 

法律上、「水素水や水素分子に〇〇の効果がある」という言い方はできません。

が、動物実験のレベルでは確実に「〇〇の効果がある」といえるレベルになっていますし、動物実験に続くかたちで人を対象にした臨床試験もすすめられつつあります。

今後もさらに研究がすすめられていくのを期待していきたいですね。

 

水素が期待されている分野についての研究

600報を超える水素医学についての研究論文はまだ予備的な研究も多く、実際に人にたいしてどんな効果があるのか?についてはまだまだ研究途上にあるといえます。

が、これまでに確認されている内容から、人にたいしても様々な分野で期待されているのは間違いありません。

ここではどんな分野に水素の効果が期待されているのか、また実際の研究事例についてもまとめています。

 

■水素が美容化粧水のかわりになる?水素パック(公開予定)

水素とダイエットの関係

アレルギーやアトピーに?炎症をおさえるはたらき

ED・勃起不全が改善したという週刊誌の記事から

水素と育毛の関係

妊婦生活

女性の更年期

ラットの慢性腎臓疾患への研究事例

疲労改善についての水素の効果

マウスを使った認知症予防のための研究

放射線対策についての研究

ペットの健康対策に活用されている水素水