水素吸入

水素吸引器H2ヒーラーを1ヶ月使ってみた結果|水素吸入効果の口コミ体験談

水素吸引サロンなどで効果を実感された方のなかには、

自宅や外出先で、いつでも気軽に水素吸入できたらな〜

と感じる人も多いと思います。

(参考:水素吸引サロンなどの口コミ体験談まとめ

そこで考えるのが自宅でカンタンに水素吸入ができる「水素吸引器」。

この記事では我が家で検証の結果「かなりよさそう!」と評価して導入した水素吸引器「H2ヒーラー」(水素ヒーラー)について、

  • 美容面や健康面など、水素吸引の効果が実感できた?
  • 使い方やメンテナンスは大変じゃない?
  • 長く使っていけそう?
  • コストパフォーマンス的にどう?

といった点について、実際に体験したことをまとめてみました。

管理人KON
管理人KON
水素吸引器の検討に役立てていただける内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

水素吸引器「H2ヒーラー」
Amazonの販売ページで確認してみる

 

 

もくじ

H2ヒーラーのスペック

まずは「H2ヒーラー」のスペックを再確認しておきましょう。

価格 120,000円(税別)
※2018年12月3日から128,000円(税別)に価格変更予定価格改定についてのお知らせ→
吸引は口から?鼻から?
水素ガス濃度 1%(10,000ppm)以上
水素吸引時間 30分ごと(連続吸引可)
水素水は? ・3分で1.0ppm以上濃度の水素水がつくれる(生成量450ml)

・水素吸引後に出来上がった水素水も飲める

重さ 490g
サイズ 75x65x245mm
充電パワー 1回のフル充電で
3分の水素水生成:約40回前後
30分の水素吸引:約3回前後
日々のメンテンナンス たまに水洗い
※国際特許取得の「無隔膜電解方式」により、クエン酸などを使った電極クリーニングが不要
長期的メンテナンス ・3-6ヶ月目安にカートリッジフィルター交換
(4,000円)・2-3年目安にリチウム充電池交換(交換費用未定/1万円前後)
保証期間 1年
保証期間後の有償修理等 可能
その他 スペイン、スウェーデンなどヨーロッパ各国、中東、中国の富裕層などに受け入れられてきた世界的な製品。

(価格は税別表示)

※最新情報によると、価格改定時期が「12/3から」に変更になっています。

妻ゆい
妻ゆい
うーん、スペックだけみてもよくわからないわね。
管理人KON
管理人KON
スペックは他の機器と比較したほうがわかりやすかも。下の比較記事も参考にしてみて!
あわせて読みたい
【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?水素(水素分子)をからだに取り入れる方法のなかで、現在唯一厚生労働省に認められているのが「水素吸入」です。 (水素吸入治療法が「先...

 

※先に「H2ヒーラーを選んだ理由」についてみてみる(ページ下部へジャンプ)

 

H2ヒーラーが届いた様子|シンプルなセット内容で取り扱いが楽

では実際にH2ヒーラーが届いて使ってみたようすをご紹介していきましょう。

まず、外箱はこんな感じです。

▼側面

「Benefits of Hydorgen」(水素の利点)という表示があり、

「肌を若々しくする」
「年齢による記憶力の低下を改善する」
「血液循環を促進」
「運動パフォーマンスを高める」
「集中力アップをたすける」

といった、研究論文等で報告されている内容が書かれています。

(※研究途上のため、これらの効果をうたうことはまだ認められていません)

 

そしてこちらが全セット内容。

全セット内容を並べてみて、

管理人KON
管理人KON
やっぱりセット内容がシンプルだな〜

と感じました。

・本体
・充電用の電源コード
・交換用のカートリッジフィルター(銀色の袋)
・鼻から吸う用のカニューラ
・コンセントプラグ変換アダプター(日本のコンセントで使える用)
・取り扱い説明書
・残留塩素確認用液

こまごました補充品がなく、シンプルな製品構成なので、

  • 取り扱いが楽
  • ランニングコストもそんなにかからない

というのは、H2ヒーラーを選んだ大きな理由のひとつでした。

H2ヒーラーの使い方|簡単に水素吸入ができた

さっそく水素吸入を試してみたのですが、やり方も想像以上に簡単でした。

順を追って説明していきましょう。

1.フル充電する

工場出荷時の状態である程度充電はされていますが、「バッテリー保護のためのメモリー機能」というのがバッテリーにほどこされています。

このメモリーを解除するために、使う前にまずフル充電する必要があります。

※詳しくは公式サイトのこちらのページ『必ず満充電をしてからご使用ください』に書いてあります。

 

管理人KON
管理人KON
フル充電は2〜3時間でできるので、今すぐ水素吸引を試したい気持ちをグッとこらえて待ちましょう!

 

2.水を黄色いラベルのところまで入れる(※注1)

ボトルの側面に人の顔が描かれた黄色いラベルがあります。

このラベルにかぶるように(上端でも下端でもOK。写真は下ギリにあわせてます)水をそそぎます。

ちなみに使用する水は、水道水も含め「飲める水」であれば基本なんでもOKです。(浄水フィルター内蔵のため)

※注1

ロットによっては「黄色いラベル」が貼られていないものもあったようです。

その場合は「全体の8〜9割までになるように水を入れる」でOKだそうです。8〜9割の目安が、ちょうど黄色いラベルの位置になってたんですね。

 

3.ノズルの「水素水モード」「水素吸引モード」を切り替える

カニューラ(水素ガスを吸うためのパイプ)をとりつける部分にある「黒いノズル」は回転するようになっていて、

・水素水をつくるときは「口」マーク

・水素吸引のときは「鼻」マーク

それぞれあわせます。

上の画像は「鼻」マークにあわせてある=「水素吸引時」の状態ですね。

▲水素吸引時は「ノズルのつまみが台形型の凸部の上にのりあげる」かたちになります。

 

▲水素水生成時は「口」マークにあわせます。

インスタに投稿されている下の動画がわかりやすいですね。

4.カニューラをセットする

次に、付属のカニューラの端を本体にとりつけます。

カニューラの直径が絶妙なサイズになっていて、そのままグイッと差し込めばちょうどいいかんじで固定されます。

妻ゆい
妻ゆい
カニューラがダメになったり、複数必要な場合はどうするの?
管理人KON
管理人KON
カニューラの取替・購入方法については、公式サイトのこちらのページに詳しく書いてあるよ!

 

鼻カニューラは外出先ではちょっと抵抗がある?

ちなみに鼻カニューラをつけたのは初めての体験でした。

感想は・・やっぱり人目につくとこではちょっと抵抗がありますね。笑

家族の前ならいいですが。

ただ、外出先で鼻カニューラをつけるのに抵抗がある場合は、3分でさっと高濃度水素水をつくって飲むという手もあります。

「水素水生成器」としても優れた性能をもっているH2ヒーラーだからこその特徴ですね。

 

5.スイッチを2回押す

水素ヒーラー(H2ヒーラー)水素発生のようす

あとは真ん中のスイッチを2回押すだけ。

これで30分の水素吸引が始まります。

ちなみに水素水をつくるときは1回だけスイッチを押します。(3分間作動)

妻ゆい
妻ゆい
けっこうかんたんに水素吸引できるんだね・・
管理人KON
管理人KON
ね!ちょっと拍子抜けするくらい簡単だったよ

 

H2ヒーラーは連続吸引OK

ちなみに、水素吸引器の機種によっては「連続吸引は30分まで」といった制限があるものもあります。

連続吸引が制限される理由は公表されていませんが、塩素ガスが混じる可能性や、機器が熱を持ちすぎてしまうといったことが考えられます。

H2ヒーラーの場合は塩素ガスの心配はありませんし、機器も連続稼動に耐えられるようになっているので、とくに「連続吸引は〇〇分まで!」といった制限はありません。

思う存分水素を吸入できるのは嬉しい点だと思います。

管理人KON
管理人KON
疲れがたまってるときは連続して1時間、1時間半と使いたいので、連続吸引OKなのは嬉しかったです!

 

6.水素吸引が終わったら、吸引中にできあがった高濃度水素水も飲める

H2ヒーラーの大きな特徴のひとつが、

「水素吸引中にできた水素水を、吸引終了後そのまま飲める」

という点です。

他にも水素水がつくれる水素吸引器はありますが、

「水素吸引と水素水生成はまったく別作業」

という機種がほとんどで、「水素吸引後にそのまますぐ、グイッと一杯いける」機種はほとんどありません。

水素サロンだと「吸引後に水素水を飲む」ところもけっこう多いみたいですが、H2ヒーラーなら同じような体験ができるのが嬉しいですね。

管理人KON
管理人KON
水素吸引のあとに水素水を飲むと、水素水だけを飲むときより、さらに体にしみわたる感があります。

 

水素吸引を毎日1ヶ月続けてみた結果・体感の変化

それでは、水素吸引をはじめてみてどんな変化や効果を感じたのか?レポートしてみたいと思います。

H2ヒーラーが届いてからすぐ、ちょうど台湾とベトナムに1ヶ月の海外出張があったので、H2ヒーラーを持っていかせてもらいました。

いつも旅行中や出張中は水素サプリで水素補給してるのですが、今回はサプリは使わずにH2ヒーラーだけです。

管理人KON
管理人KON
私の場合は普段から水素水や水素風呂などを使用してるので劇的な変化はないかもしれませんが、一応レポートしてみます^^

毎日30分〜1時間ほぼ欠かさず水素吸入してみた

朝余裕があるときは朝30分、夜はほぼ欠かさず30分(疲れを感じてるときは30分以上)水素吸入を続けてみました。

水素吸入中の体感

これは初回からですが、体の奥のほうからすこしずつリラックス感がひろがっていきました。

水素水を飲むときとも水素風呂につかるときとも違った感覚ですが、水素サロンの口コミでよくみかける「リラックスして、すぐに眠ってしまう」というのがよくわかるような感覚です。

呼吸が深くなる

あともうひとつ水素吸入中に感じたのが、呼吸が深くなるという点。

なぜかはわかりませんが、自然と深く吸い込みたくなる感じです。

変に聞こえるかもしれませんが、「からだが欲している」という表現がしっくりきます。

 

眼精疲労への影響と、頭のスッキリ感

最近感じていた眼精疲労への影響も感じました。

ここのところパソコン仕事が増えてきたせいか、目の疲れがとれなかったり、以前より見えにくくなってきたような感じがしていたんですが、

「目のまわりの筋肉がすっきりしてきた」

「視界がハッキリして見えやすくなった」

という体感は水素吸入をはじめて3日目くらいから感じることができました。

あと、これは最初の吸引のあとからですが、頭がスッキリして、よりものごとに集中しやすいような感覚もありました。

 

電磁波過敏症への影響

プロフィールにも書いていますが、以前から電磁波過敏症を発症していて、一時期ほどひどくはなくなったものの、寝る環境によってはまだ多少の影響を受けることがあります。

今回滞在したホテルでもけっこう感じていたのですが、一週間ほど水素吸入を続けているうちにだんだん影響が薄くなり、快適に感じるようになっていきました。

電磁波過敏症の症状がでているときは活性酸素が増えているという話もあるので、少なからず影響はあったのかもしれません。

また電磁波過敏症がきついときって直接脳が蝕(むしば)まれてるような感覚なのですが、脳にも入っていける水素の働きのおかげがあったのではないかと想像しています。

管理人KON
管理人KON
脳にも入っていける水素】

ビタミンCなど、活性酸素を取り除く抗酸化物質はいろいろありますが、脳はたいせつに保護されているため大きな分子は入っていくことができません。

水素は宇宙一小さい分子のため、脳にも入っていってはたらくことができます。

(参考記事:【最新】水素と水素水の働き|抗酸化作用と活性酸素への効果

 

体の疲れのとれやすさ

水素を取り入れるようになってから「体の疲れにくさ」は感じるようになっていましたが、今回ベトナムの酷暑のなかでも快適に動けるのを感じていました。

どこまでが水素吸入の効果かはわかりませんが、1日動き回ってホテルに帰ったあと、水素吸入は欠かせない!と、体が求めている感覚があったので、水素吸入の影響もあったと感じています。

 

管理人KON
管理人KON
今回はわたし自身の体験談のみですが、家族の体験談も今後追加していければと思います。

 

H2ヒーラーのメンテナンスが超シンプルな2つの理由

水素吸引器を長く使い続けるためには「体感できる効果」のほかに「メンテナンスのしやすさ」も大事ですよね。

H2ヒーラーの日常のメンテナンスは?というと、

・1週間に1回ほど、さっと内側を水洗い

・約3〜6ヶ月に1回、カートリッジフィルター交換

(毎日水素吸引30分x2回以上なら約3ヶ月に1回、水素水飲用1日2Lなら約6ヶ月に1回交換)

だけとなっています。

管理人KON
管理人KON
使い始めて1ヶ月たってますが、メンテナンスらしいメンテナンスはまだやっていません。笑

 

H2ヒーラーのメンテンナンスが楽な理由は主に2つあります。

1.国際特許取得の「無隔膜電極方式」により、クエン酸洗浄が必要ない

2.塩素ガス発生のリスクをなくす「カートリッジフィルター」により、使える水が限られたり電解液を買い足す必要がない

こちらの水素吸引器比較記事をみていただくとわかりますが、多くの水素吸引器はこまごましたメンテナンス品の補充が必要だったり、定期的なクエン酸洗浄が必要だったりします。

メンテンナンスがラクだと「継続して使っていきたいな」という気持ちになりやすいので、この点もH2ヒーラーの大きなメリットだと思います。

 

保証は1年間。何かあった場合はどうする?

故障や修理などの対応はどうでしょうか?

後述するとおりH2ヒーラーの開発会社は韓国の会社で、日本での販売については日本の総代理店が管理しています。

初期不良や修理の対応、バッテリー交換などについてはすべて日本で対応してもらえるとのことでした。

(日本の総代理店「水素ビジョンプラス合同会社」に確認済み)

私が製品について問い合わせをしたときもすごくていねいに対応していただけましたし、Amazonのレビューにもわざわざ

販売元(日本の総代理店)の対応も丁寧です。

購入前も後もとにかく販売代理店の方がとても真剣に親切に何度も対応してくれます。
こういうものは、信頼できるところ以外に購入したくありません。

といったコメントがありました。

購入後に何かあった場合でも安心できそうな印象をもっています。

 

H2ヒーラーのデメリットは?

ここまでH2ヒーラーのよい点を中心にお伝えしてきましたが、デメリットといえる部分はないのでしょうか?

製品の性能的にはとても満足しているのですが、気になる点もあるにはありました。

 

1.水素水を注ぐときのキャップの締まり具合に注意

写真のように水素水をコップの注ぐ場面でのこと。

黒い部分のキャップをしっかりしめないと、すき間から?水がもれ落ちることがありました。

黒いキャップと青い半透明の本体部分のあいだのすき間です。

ちゃんと締めれば問題ないのでここにいちゃもんつけるのもどうかと思いますが(笑)、いつもの感覚で「これくらい締めれば大丈夫でしょ!」みたいなゆるい締め方だともれ落ちるのがちょっと気になりました。

管理人KON
管理人KON
このキャップは「週に1回程度、中を水洗い」のときにしか開けません。なので基本しっかり締めるようにすれば問題ないと思います。

2.韓国製という点はどうなの?

もうひとつ、「開発会社が韓国」ということにひっかかる人がいるかもしれません。

妻ゆい
妻ゆい
たしかに「韓国製」っていうのはちょっとひっかかるかも・・

 

開発会社はどんな会社?

この点は私も気になったので、開発会社「H2 Valley Inc.」についてくわしく調べてみました。

よくよく調べてみると・・

・開発者で開発会社CEOの池博士は2005年から一貫して水素関連の研究開発を推進してきた研究者

家電大手のLG社の液晶ディスプレイ洗浄についての特許など、水素関連の特許を複数取得している

・水素の健康・美容利用にとどまらず、医療・農畜産業・水素エネルギーなどについても研究開発をすすめていて、水素事業をすすめている日本の岩谷産業などとも協力関係にある(参考:水素とイワタニ

・H2ヒーラーを使った脳疾患関連の予備研究が漢陽大学でおこなわれている

・開発会社の敷地内には専門的な研究施設や教育施設まであり、大学との共同研究もすすめられている

・H2ヒーラーはこれまでスペイン、スウェーデンなどヨーロッパ諸国、中東、中国の富裕層などへの販売実績があり、世界で受け入れられている

以上のようなことがわかってきました。

出典:水素ビジョンプラス合同会社公式HP


▲H2 Valley inc.の施設。教育施設や研究所、宿舎なども完備しているようすがわかります。

 

妻ゆい
妻ゆい
へ〜、かなり真剣に、本格的に水素事業に取り組んでいる会社なんだね。
管理人KON
管理人KON
日本の水素医学の研究者とも交流があるみたいで、かなり情熱をもって活動されてる印象をもったよ。

調べてみて、

「かなり真剣に水素の可能性に向き合っている開発者(開発会社)だな・・」

という印象をもったので、H2ヒーラーにたいする評価も「韓国製だから」ということで下げる必要はないと感じています。

 

水素吸引器の中で「H2ヒーラー」を選んだ7つの理由

ここであらためて、なぜ数ある水素吸引器の中から「H2ヒーラー」を選んだのか?

その7つのポイントについてご紹介してみたいと思います。

  1. 水素濃度
  2. 水素ガスの安全性
  3. 鼻から吸引
  4. 水素水生成の性能
  5. メンテナンスが楽でランニングコストがそんなにかからない
  6. 本体ボディの材質
  7. 海外での評価

ひとつずつ詳しくみていきましょう。(クリックすると各項目にジャンプします)

1.H2ヒーラーは水素ガス発生濃度が高い

機能面でもっとも大切な「水素ガス発生量」ですが、水素吸引器について調べてみると

「水素ガス発生量の表示方法」が、

「1分で水素水1リットル分の水素をとれる」
「10,000ppmの水素濃度!」
「1分で60mlの水素を発生!」

など、バラバラで困りました。

そこでこちらの比較記事(決定版!水素吸引器徹底比較)では、

「吸い込む空気中の水素ガス濃度」

で比較しています。

その理由は、現在厚生労働省の「先進医療B」に認可されている『水素ガス吸入治療』と比較しやすいと感じたから。

医療機関でおこなわれている水素ガス吸入療法の例をあげると、

慶應義塾大学病院の水素ガス吸入治療:2%水素を18時間吸入

大阪大学呼吸器外科の水素ガス吸入療法:1.3%水素を24時間吸入

こんなかんじです。

一方、市販の水素吸引器の水素ガス濃度は0.1%をきるものから1.0%くらいのものまで様々。

そしてH2ヒーラーの水素ガス濃度は「1.0%」ということで、水素ガス吸入療法とそんなに変わらない点がいいなと判断しました。

妻ゆい
妻ゆい
へ〜!医療用の水素ガス濃度にひけをとらない感じなんだね

 

2.発生する水素ガスの安全性が高い

水素ガスは空気中の濃度が4%を超えると爆発の危険性があります。

が、水素吸引器の水素ガス濃度はそこまで高くないため(医療用でも1~2%程度)、爆発はそこまで心配する必要はありません。

それよりも気をつけたいのが「塩素ガスの発生リスク」です。

管理人KON
管理人KON
塩素ガスは第一次大戦で「人類初の毒ガス」として使われたガスで、粘膜や呼吸器系への刺激症状をもたらします。

「水道水の残留塩素がなくても」塩素ガスが発生する可能性がある

実は、水の電気分解によって水素を発生させる場合、天然の水に含まれている塩化物イオンから塩素ガスが発生する可能性があります。

水道水に含まれる消毒用の残留塩素以外にも、塩素ガス発生のリスクがあるんですね。

そのため多くの水素吸引器には

・水道水・天然水(ミネラルウォーター)使用禁止

・精製水または専用の「電解液」を使う必要がある

といった制限があります。

 

H2ヒーラーは高性能のカートリッジフィルターで塩素ガスの発生を防ぐ

H2ヒーラーには高性能のカートリッジフィルターが内蔵されていて、塩素を取り除き、塩素ガスの発生をふせぐ仕組みになっています。

そのため水道水でもミネラルウォーターでも「飲める水」であれば水を選ばずに安全に使用できるんですね。

妻ゆい
妻ゆい
水を選ばず安全に水素吸引できるのはポイント高いわね!

 

3.鼻から吸引するタイプだから

水素吸引器には「鼻から吸うタイプ」「口から吸うタイプ」と2つに大きくわけることができます。

体への吸収率については「どちらがいい」という客観的なデータはないようですが、

「鼻から吸ったほうが安定して吸い込みやすいのでは?」

という感じたので、より効率よく水素を吸入するためには鼻から吸入するタイプがいいと思いました。

 

 

4.水素水もつくれる(しかも短時間・高濃度)

水素吸引器のなかには、「水素水もつくれる」というタイプがあります。

ただ、

・水素吸引と同時に水素水生成できない

・十分な濃度になるまで数十分かかる

といったものが多く、あまり実用的とはいえませんでした。

H2ヒーラーの場合は、

水素吸引をしているあいだに水素水もできるので、吸引が終わったあとに高濃度水素水をグイッといける

「水素水だけをつくりたい」のであれば、わずか3分で1.0ppm以上の高濃度水素水がつくれる

ということで、

・水素吸引とは違ったメリット(※1)がある水素水の恩恵も受けやすい

・外出先で鼻から吸引に抵抗があるときは、3分で水素水をつくってスマートに飲むこともできる

という点が気に入りました。

 

管理人KON
管理人KON
※1 水素吸引にはない水素水のメリットとは

水素分子が水素水によって胃に運ばれることで、グレリンという脳神経保護などのはたらきをもったホルモンの分泌が促進されることがわかっています。

また、単純に「水分を多くとれるようになる」というメリットも考えられます。

(参考記事:水素の働き②|遺伝子スイッチにはたらきホルモンや酵素を活性化!?

 

5.メンテナンスが楽でランニングコストもそんなにかからない

水素吸引器は【専用の電解液】など「こまごました補充品」が必要で、ランニングコストがけっこうかかる機種が多いです。

H2ヒーラーは

カートリッジフィルター(税別4,000円)の交換が3-6ヶ月ごとに必要

これ以外とくに日常的に気にすることはなく、補充品の注文の手間や費用がかからなくていいなあと感じました。

妻ゆい
妻ゆい
しかも交換用カートリッジフィルターは1個、最初からついてくるんだよね!

 

国際特許の電解方式で、クエン酸洗浄の必要がない

また、一般的な「水の電気分解で水素を発生させる」タイプの場合、電極へのミネラル分の付着をキレイにするために「クエン酸洗浄」が必要になります。

▲水素風呂生成器に付属していた洗浄用クエン酸

 

H2ヒーラーは国際特許をとっている「無隔膜電解方式」という電気分解方式によって、クエン酸洗浄が不要なんですね。

このような「メンテナンスの楽ちんさ」もH2ヒーラーを選んだ大きな理由のひとつでした。

 

6.本体ボディに安全な素材が使われている

H2ヒーラーの本体ボディ(プラスチック部分)には医療機器にも使わる「トライタン」という安全素材が使われています。

(参考:TRITAN™

ふつうのプラスチックはBPAとよばれる環境ホルモンが溶け出して人体に悪影響を及ぼす可能性があり、アメリカやヨーロッパではBPAについての規制もおこなわれているようなんですね。

トライタンはこのBPAが検出されないエコ素材で、ほ乳瓶など子供用の食器素材や医療用品に使われています。

(参考:厚生労働省「ビスフェノールAについてのQ&A」

水素吸引の長期的なメリットを受け取りたいので、「長く安心して使える」のもうれしい点のひとつですね。

 

7.ヨーロッパなど海外で、すでに受け入れられている

H2ヒーラーはスウェーデン、スペインなどのヨーロッパの国々や、中東・中国などの富裕層にたいしてすでに販売実績があるということも背中を押してくれました。

すでにここまで海外の国に受け入れられている水素吸引器は他には見当たらなかったんですよね。

 

ということで以上の7つのポイント、

  1. 水素濃度
  2. 水素ガスの安全性
  3. 鼻から吸引
  4. 水素水生成の性能
  5. メンテナンスが楽でランニングコストがそんなにかからない
  6. 本体ボディの材質
  7. 海外での評価

これらがH2ヒーラーに決めた理由でした。

 

 

H2ヒーラー
Amazonの販売ページを確認してみる

 

※2018年11月現在の『H2ヒーラー』在庫について

日本での販売代理店の公式サイトでお知らせがあるとおり(→重要なお知らせ)、もともとヨーロッパ・中東・中国などへ向けても販売好調で品薄状態だったところに、日本でも予想以上に売れ行きだったようで、欠品状態が続いていました。

11月5日から「ゴールド」「レッド」の再販がはじまり、数日遅れて「ブラック」も入荷予定とのことです。

(→11/14現在、ブラックの入荷分は完売になり、ふたたび入荷待ちとなっています)

「ホワイト(パール)」については12月以降の入荷になるとのこと。

ページのいちばん下で「H2ヒーラーの入荷確定お知らせメール」の受付をしていますので、「ホワイト(パール)」色についていちはやく入荷情報を手に入れたいという方は登録してみてください。

 

H2ヒーラーを使っている他の方たちの口コミも集めてみた

H2ヒーラーは日本での販売が始まってからはまだ間もないため、十分な数の口コミはあつまっていませんが、いくつかの声があがっているのでご紹介してみます。

Amazonカスタマー
★★★★☆いい感じです

2018年3月2日

色: メタルブラック|Amazonで購入

夫の体調管理のため思い切って購入しました。容器がしっかりとしていて使い方も簡単でした。
特に色が変化するライトが美しく、見ているだけでとても癒されます。
吸引後は目がスッキリしたような気がしました。
しばらく家族で続けてみます。

(出典:Amazonの販売ページ

「容器がしっかりしていて使い方も簡単」というのはたしかにそうですね。

「吸引後は目がスッキリ」という体験も私と似ていて、興味深いなと思いました。

 

長崎県 購入者
★★★★★オススメです!

2018年5月10日

色: 赤

販売元の対応も丁寧です。
使用後は爽快感があり、運動後の疲労回復に使用しております。
水素ガス吸引のお考えの方には値段、機能性でお勧めです。

(出典:Amazonの販売ページ

「使用後の爽快感」

「水素ガス吸引のお考えの方には値段、機能性でお勧めです」

というのも完全同意です。

Amazon カスタマー
★★★★★

2018年8月21日
色: 金|Amazonで購入

自分なりに調べたところ、10万円台前半でガス濃度等の性能からすると、国内で間違いなくトップクラスと思い購入しました。

効果的なものはまだまだこれからなので期待も込めて星5。

購入前も後もとにかく販売代理店の方がとても真剣に親切に何度も対応してくれます。こういうものは、信頼できるところ以外に購入したくありません。

水素ガス考えてる方は、こちらをおすすめします。

「性能はトップクラス」というのは、私自身も多くの水素吸引器を比較してみて実感しています。

またここでも「販売代理店の対応のよさ」が指摘されていますね。

熱田
★★★★★

2018年10月6日

信頼のおけるメーカーの商品です。
色: 白
水素吸引を定期的にしている方がめっちゃくちゃ肌が綺麗だったので色々検索して調べましたが、ランニングコストが結構お高いものが多く、また濃度など色々検証した結果水素ビジョン様にたどり着きました。
手軽なのに加え、メーカー様の対応が素晴らしいです。細かい質問等々即お教えくださったり、本当にいい買い物をさせていただきました。

ランニングコストの違いは「商品価格」からは見えにくいです。

H2ヒーラーはランニングコストがそれほどかからないというのもメリットのひとつですね。(普通に使うと年10,000円くらい)

そして相変わらず「メーカー様の対応がすばらしい」という声が多いです。

水素吸引器は安い買い物ではないので、信頼できるところからでないと購入したくないですよね。

この点でもH2ヒーラーは安心して選べる水素吸引器だと思います。

 

mmprin46

★★★★★

2018年11月5日

水素吸入機を検討中ならオススメします!
色: ゴールド

製品も顧客対応も最高です。末期癌治療の姉の助けになればと購入。以前は水素発生剤を使うタイプの水素吸入をしていましたが、最初の購入費用は安いですがかなりコストがかかりました。こちらは水素吸い放題なので、すごくコスパが良いです!

水素を吸っていると癌の痛みが薄れるというので、一日中使ってます。炎症にも効いているのか赤みも薄くなってきたようです。

前まで痛さで動けない日が多かったですが、今は元気に喋ったり動いたりしています。水素も泡立つくらい沢山出てすごいです!発生剤とは全然違います!本当に良い商品に出会えて感謝です。ずっと使い続けたいと思います。

こちらは最新のレビューです。

水素吸引で「癌の痛みが薄れる」といった実証はされていないと思いますが(H2ヒーラーは医療機器ではありません)、理由はともあれ「今は元気に喋ったり動いたり」できているというのはうれしいことですね。

 

・・・以上、まだ数はそれほどではありませんが、これまでのところ評価は上々のようです。

また口コミをみつけることができたら、追加でご紹介してみたいと思います。

 

H2ヒーラーの購入方法。今購入できるのはAmazonだけ

さて、H2ヒーラーの購入方法ですが、現在のところ開発会社の日本総代理店によるAmazonでの販売のみとなっています。

H2ヒーラー 購入方法

ご覧のように、

・価格は税込129,600円(送料コミ)
・カラーは「ホワイト」「メタルブラック」「レッド」「ゴールド」の4色から選択できる

となっています。

 

H2ヒーラー
Amazonの販売ページを確認してみる

 

※追記(2018年8月)

現在Amazonで「パール色」という表示で在庫がありますが、販売元に問い合わせたところこれは従来の「ホワイト」と同じ色だそうです。(少しラメっぽい感じのホワイト)

従来の「ホワイト」は日本のコンセントに対応するための「変換プラグ」が付属していたのですが、新しく「最初から日本仕様のプラグ」の製品になっており、区別するために「パール色」という色名にされているとのことでした。

>>AmazonのH2ヒーラー販売ページで在庫を確認してみる

 

 

大きな出費が厳しい場合・・H2ヒーラーは分割で購入もできる?

長い目でみれば(水素サロンに通う等に比べ)低コストなH2ヒーラーですが、ぽんと13万円近く支払うのは厳しいという方もいるかもしれません。

妻ゆい
妻ゆい
分割払いっていう方法はできるの?
管理人KON
管理人KON
Amazonでは1回払いしかできないけど、分割払いにする方法もあるよ!

クレジットカード1回払いのあとに「分割払い」「リボ払い」等へ変更する

Amazonでは1回払いしかできませんが、支払にクレジットカードを利用すれば、

「1回払いの支払後に、あとから分割払い・リボ払いへの変更」

ができるカードがあります。(クレジットカードによるので、要確認です

たとえば「楽天カード」がそうですね。

>>年会費無料で「あとから分割」「あとからリボ」にできる楽天カード

 

分割手数料はかかりますが、たとえば24回払いにすると1ヶ月5-6千円の支払いとなります。

こんな手もあるということで、覚えておかれるといいと思います。

 

※追記 父専用にH2ヒーラーの新色「ゴールド」(金色)を購入

いい意味でもわるい意味でも敏感体質な自分が使ってみて

「H2ヒーラーは本当にいい」

と実感できたので、薬を何種類も飲んでいて健康上の問題をいくつも抱えている父専用として、もう1台購入することにしました。

最初はホワイトがいいかな、と話していたのですが、ちょうどホワイトが欠品していて・・

父が選んだカラーは「ゴールド」でした。

ゴールドと聞いてイメージする色よりもかなり落ち着いた色合いで、父も「やっぱりこの色でよかった」と話しております。

色合いのご参考までに、写真をいくつか載せておきますね。

 

管理人KON
管理人KON
父はちょっと前まで、病院でいくら検査しても原因不明の血痰がでてたり、顔色もすぐれないことが多かったのですが、最近は血痰も完全に止まって以前より表情もあかるく感じられるようになりました。

毎日使ってくれているようなので購入してよかったです^^

 

まとめ

以上、今回は現在使用中の水素吸引器「H2ヒーラー」をレビューしてみました。

水素吸引をやってみたのはH2ヒーラーが初めてでしたが、想像していた以上の体感をえることができています。

おかげで酷暑の出張先でも思う存分動き回ることができました。

  • 美容レベルを1段階引き上げたい方
  • 仕事や日々の活動のパフォーマンスをあげていきたい方
  • 健康面に不安を感じている方

こんな方にはとくにおすすめしたいですね。

口コミにもありましたが、現在入手可能な水素吸引器のなかでは「値段・機能性でもっともおすすめできる」水素吸引器だと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

H2ヒーラー
Amazonの販売ページを確認してみる

 

 


>>他の水素吸引器との比較や、水素吸引の口コミについても見てみたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?水素(水素分子)をからだに取り入れる方法のなかで、現在唯一厚生労働省に認められているのが「水素吸入」です。 (水素吸入治療法が「先...
あわせて読みたい
慶應義塾大学の水素吸入治療がTV番組「羽鳥慎一モーニングショー:そもそも総研」で紹介されました2016年11月に水素吸入治療が厚生労働省の「先進医療B」として承認されて以降、全国20の医療機関で【水素吸入治療の臨床試験】がすすめら...
あわせて読みたい
水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ2016年12月に「水素ガス吸入療法」が厚生労働省の「先進医療B」に認可されてから、水素吸入への注目はたかまってきています。 水素...

 

※『H2ヒーラー』価格改定についての追記(2018年11月)

『H2ヒーラー』については、日本での販売代理店の公式サイトで、「価格改定のお知らせ」が掲載されています。(→重要なお知らせ

原材料費等の値上がりにより、価格改定を余儀なくされたとのことで、2018年12月3日から、

現状120,000円(税別)→128,000円(税別)

に変更となります。

もしH2ヒーラーを検討されているのであれば、12月2日までをひとつのメドにされるとよいと思います。

※最新情報で価格改定時期が「12/3から」に変更になっています。

※2018年11月現在の『H2ヒーラー』在庫について

日本での販売代理店の公式サイトでお知らせがあるとおり(→重要なお知らせ)、もともとヨーロッパ・中東・中国などへ向けても販売好調で品薄状態だったところに、日本でも予想以上に売れ行きだったようで、欠品状態が続いていました。

11月5日から「ゴールド」「レッド」の再販がはじまり、数日遅れて「ブラック」も入荷予定とのことです。

(→11/14現在、ブラックの入荷分は完売になり、ふたたび入荷待ちとなっています)

「ホワイト(パール)」については12月以降の入荷になるとのこと。

ページのいちばん下で「H2ヒーラーの入荷確定お知らせメール」の受付をしていますので、「ホワイト(パール)」色についていちはやく入荷情報を手に入れたいという方は登録してみてください。

※H2ヒーラー入荷予定お知らせメールをお送りします。





こちらにメールアドレスを入力していただければ、H2ヒーラーの入荷予定について、販売代理店からの入荷情報が入り次第お知らせいたします。
(現在のところ、【レッド】【ゴールド】は在庫あり、【ブラック】は11月下旬、【ホワイト(パール)】は12月以降の入荷予定とのことです。)