設置型水素水サーバー比較

【レンタル水素水サーバー比較】H2ガウラとアルピナピュアウォーター+H2(トーエル)|どちらがおすすめ?

本格的な家庭用水素水サーバーはいくつかでていますが、どれにすればいいのか悩みますよね・・

今回は、

■ 水道直結式の水素水サーバーとして人気の高い「H2ガウラ」

■ ウォーターサーバーに水素生成装置を取り付けて3.4ppmの高濃度水素水が飲める「アルピナ ピュアウォーター+H2 」

この2つの水素水サーバーを比較検討してみたいと思います。

これから水素水サーバーを導入しようとお考えの方は参考にされてみてくださいね。

 

「H2ガウラ」と「アルピナ ピュアウォーター+H2」のおさらい

まずそれぞれの特徴をまとめると下の表のようになります。

H2ガウラ アルピナピュアウォーター+H2
方式 水道水直結式 水ボトルを注文し、宅配してもらう
水素濃度 1.0ppm+28,000ppm 3.4ppm
サーバーレンタル代 5,980円(3年契約)
6,980円(2年契約)
1,572円
水購入代 水道水料金に準じる 8Lボトル:686円
12Lボトル:948円(家族3人の目安60Lで月5,000円前後)
初期費用  諸経費としてレンタル1ヶ月分  初回設置料10,000円
水温  冷水:4-10℃
温水:80-90℃
 冷水:5℃
温水:85℃
水素水生成法 電気分解(特殊技術により、できあがった水素水は中性のままで保たれる)  電気分解でつくった水素だけを取り出し充てん
契約期間  2年または3年単位  1年以降はいつでも無償で解約自由
メンテナンス  年に1回カートリッジ交換無料  2年に1回・費用6,000円
その他  198,000円で購入も可能  ボトル交換時に差込口クリーニングが必要

(価格はすべて税別表示)

※「アルピナピュアウォーター+H2」の水素水サーバーの配送地域は現在東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の関東一円に限られています。

 

水素水サーバーとしての能力を比較してみる

では「H2ガウラ」と「アルピナピュアウォーター+H2」の水素水サーバーとしての実力を、いくつかの重要ポイントにしぼって比較していきましょう。

比較ポイント1:水素濃度

■ H2ガウラ:1.0ppm(溶存)+28,000ppm(気泡として注入)

■ アルピナ:3.4ppm(溶存)

 

溶存濃度こそアルピナが大きく上回っていますが、H2ガウラは水素分子を溶存(溶けこませる)他に、気体のまま28,000ppmという超高濃度で注入することができます。

口コミをみても

出てくる気泡に水素濃度が感じられます

というものがありました。

 

 

水素濃度は0.8ppmが効果のめやす?

日本医科大学の太田成男教授の著書によると、

「水素水に効果が期待できるひとつの目安となる水素濃度」

として0.8ppmという濃度を上げられています。

ではそれ以上濃度が高くても意味が無いのかというと決してそういうことではありません。

水素分子を直接からだにとりいれる「水素吸入」が一部のクリニックで成果をあげているように、病気やストレスなどで体内に活性酸素が多く発生している状況であれば、より多くの水素分子を取り入れることには意味があると考えられます。

ともあれ、「H2ガウラ」と「アルビナピュアウォーター+H2」の2つの水素水サーバーについては、どちらも充二分な水素濃度の水素水が飲めるといってもいいでしょう。

 

 

比較ポイント2:水道水かボトル水か

「H2ガウラ」と「アルピナピュアウォーター+H2」の大きな違いとなるのが水素水にする水をどこから持ってくるか、という点です。

■ H2ガウラ:水道と直結して水道水から水素水をつくる(キッチンのシンクなどの下にある給水管の途中に分岐金具を取り付けて水をひく)。浄水フィルター内臓。

■ アルピナ:従来のウォーターサーバーと同じく、8Lまたは12Lの水ボトルを購入(宅配)し、サーバー本体上部にセットする。

 

「手軽さ」では圧倒的にH2ガウラに軍配があがります。

設置時に簡単な作業が必要にはなりますが(自分でやる場合は「ウォシュレットを取り付けるレベル」の作業が必要。工事業者の手配も可)、

一度設置してしまえばあとは基本何もする必要がありません。

 

アルピナ水素水サーバーは注文・受け取り・設置などの手間がかかる

一方「アルピナ」の場合はもともとウォーターサーバーなので、

・毎回の水ボトル注文
・宅配便の受け取り
・ボトル保管場所の確保
・使い終わったボトルを次回回収してもうまでの置き場所の確保
・水ボトルのサーバーへの取り付け

といった様々な作業が必要になってきます。

メリットとしては

「水道水を浄化したものではない、より品質のいい水」
「RO逆浸透膜を使用してミネラルやウイルスなどをほぼゼロにした純度の高い水」

を飲めるというところですね。

腎臓に負担のかかるミネラルの少ない水のほうが好ましい「赤ちゃん」「ペット」に与える場合は、アルピナの水のほうがより安心できるといえるかもしれません。

 

比較ポイント3:ランニングコストは?

初回の設置時にかかる費用は・・

■ H2ガウラ:5,980円(3年契約)または6,980円(2年契約)

■ アルピナ;10,000円

(いずれも税別)

 

毎月のコストは・・

■ H2ガウラ:5,980円(3年契約)または6,980円(2年契約)

■ アルピナ:レンタル代1,572円+水購入代金

となります。

 

問題はアルピナの水購入代金がどれくらいなるかというところですが、

例として3人家族の場合のウォーターサーバーの水使用量50L前後で計算すると

12L(948円)x5=4,740円

となります。

レンタル代とあわせると6,312円ですね。

 

もちろん生活スタイルによっても変わってきますし、家族の人数によっても大きく変わってきますが、

水を使う量がコストに反映される度合いが高い

という意味では、思い切り自由に水素水を使えるという水素水サーバーのメリットが、すこし感じられにくいのかもしれません。

 

比較ポイント4:設置スペースの大きさ

「H2ガウラ」と「アルピナピュアウォーター+H2」は設置のために必要なスペースにも大きな違いがあります。

■ H2ガウラのサイズ:幅25cm  x奥行き37cm  x  高さ114cm

■ アルピナのサイズ:幅43.5cm x 奥行き31cm x 高さ 97cm

とくに横幅が違います。

その理由は、アルピナピュアウォーター+H2の場合、もともとのウォーターサーバー本体の横に「水素キット」(水素発生装置)を取り付けているからなんですね。

▼このように横側に水素キットが追加されています。

出典:アルピナピュアウォーター+H2公式サイト出典:アルピナピュアウォーター+H2公式サイト

 

一方で「H2ガウラ」の幅25cmというのはウォーターサーバー単体でもありえないくらいのスリムさです。

限られたスペースを使用する必要がある場合は「H2ガウラ」がベストの選択になるかもしれません。

 

まとめ

以上、今回は水道直結式の「H2ガウラ」と、ウォーターサーバーに水素生成装置を取り付けるタイプの「アルピナ ピュアウォーター+H2 」を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

水素水サーバーの最大のメリットは、あまり手間をかけずにいつでも好きなだけ水素水を利用できるという点に尽きると思います。

そういう意味では総合的に考えて「H2ガウラ」のほうが優れているのでは?と個人的には感じました。

よろしければ参考にしてみてくださいね!

 

トーエルの水素水サーバー「アルピナピュアウォーター+H2」
公式サイトで確認してみる

 

H2ガウラ
公式サイトで確認してみる→