水素の研究

放射能対策と水素の関係|勇気を与えてくれる研究の数々

2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発の事故以来、日本で暮らすわたしたちは否応なく放射能汚染と向き合わざるを得ない状況です。

福島をはじめとする東北はもちろん、関東もかなりやばいと言われてますし、ガレキ焼却の影響や全国を流通している食べ物による内部被曝も懸念されています。

公の情報はコントロールされている可能性があるのであまりあてにはできない中、個人レベルのツイッターやfacebookの情報を集約してみると、たしかに影響が出始めていると感じることがあります。

 

 (参考)
http://ameblo.jp/kaito000777/entry-12031605335.html
(道のいたるところで倒れている人の画像。1件2件ならそういうこともあるかな・・と思いますが、これだけの数を見せられると、何かが起こっているのではないかと思えてしまいます。)

https://twitter.com/hunterkani?lang=ja(こちらもいろんなケースがありますが、やはりこれだけの数があると・・)

 

わたしは東京に住んでいますが、線量を計測している方のツイッターのつぶやきを見ていても、状況はよくないのでは?と感じます。

 

外食産業では福島産の米や野菜も積極的に使われているといいますし、今の日本では完全に放射性物質の影響をシャットアウトするのは非常に難しくなっていると思います。

「できる限り被ばく量を減らし、あびてしまったものはできる限りの対策をする」

これが今できる現実的な対応策だという気がします。

 

放射線対策に水素が有効という研究結果が

「放射能汚染から子どもを守る」というサイトでは、その「今できる放射能対策」についての情報を発信されています。

その中で

放射線を含む全ての病気の原因に深く関わっているのは【活性酸素】という身体をサビつかせる物質です。

これをコントロールすることで、放射線による病気もその他の原因による病気も予防することができます。

という発信があります。

実はここで言われている通り、活性酸素を取り除くことができれば、放射線被曝による影響を緩和することができるんですね。

そうだとすると、強力な活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を取り除く力をもった「水素」も、放射線対策に活用できる可能性があると考えられます。

 

水素による放射線対策についての研究

そこで調べてみると、実際に「水素が放射線対策に効果がある」ことをしめす研究結果があることがわかりました。

水素による防御(日本医科大学 太田成男教授のサイトです)

リンク先のページには、放射線防御に水素が有効だということをしめす、いくつかの論文がまとめられています。

たとえばある研究では、(人間ならほぼ100%死亡する)約7000ミリシーベルトに対応する放射線をマウスに浴びせる前に、水素水を飲ませると80%のマウスが死ななかった、という実験結果がでています。

【学術雑誌名:J. Radial Res., 51, 741-747(2010) 表題:The Potential Cardioprotective Effects of Hydrogen in Irradiated Mice(水素による放射線照射したマウスの強い心臓保護作用)】

スクリーンショット 2015-09-05 6.14.01

この実験はマウスが対象ですが、人を対象にした研究においても「ガン患者への放射線治療による副作用を軽減するのに水素水が有効」という結果が出ているものがあります。

【学術雑誌名:Medical Gas Research 2011,1;11. 論文名:Effects of Drinking Hydrogen-Rich Water on the Quality of Life of Patients Treated with Radiotherapy for Liver Tumors (肝癌への放射線治療による副作用の生活の質の低下が水素水飲用によって改善される)】

水素のはたらきによって放射線によって増加した活性酸素を取り除くことができ、その結果として放射線被曝の影響を少なくできるという可能性に期待がもてる結果といえそうです。

 

その他の研究も

その他にも、放射線と水素の関係をあつかった研究がいくつかありました。

それぞれリンク先の記事で詳しくご紹介していますので、興味のある方はご覧になってみてください。

≫放射能と水素についての研究論文①|水素水が精子と造血機能をまもる

≫放射能と水素についての研究論文②|水素の心臓保護効果

≫放射能と水素についての研究論文③|放射線治療の副作用に対する効果

≫放射能と水素についての研究論文④|肺の障害を水素水で改善

≫放射能と水素についての研究論文⑤|水素が細胞の生存率を高める

 

 

少しでも安心して生きるために、生活に水素を取り入れたい

放射線は目に見えないだけにやっかいなものです。

でも目に見えないからといってまったく対策をしないというのも、今の日本では逆に非現実的な気もします。

とくに小さいお子さんをお持ちの方は、子どもが10年後も20年後も健康に暮らしていけるように、少しでも安心できる生活環境を整えてあげてほしいと思います。(細胞分裂の活発な子どもほど、放射線の影響は受けやすいといいますし・・)

個人的には、日本に住んでいる以上、生活に水素を取り入れることをこれからも続けていきたいと思っています。