水素の研究

【最新】水素と水素水の働き①|活性酸素との関係

水素にはほとんどの疾患や老化の原因となりうる「特定の活性酸素だけ」を消去するというはたらきがあることが、いくつもの研究で確認されています。

ここではほとんどの老化・病気の原因となりうる活性酸素について、そしてそれにたいして水素がどのようにはたらくのかについて、詳しくみていきたいと思います。

 

2007年の最初の論文で発表されたこと。『水素は悪玉活性酸素「ヒドロキシルラジカル」だけを消去できる』

水素の医学研究が盛んになったのは、2007年に『Nature Medicine』誌に掲載された日本医科大学太田教授による論文がきっかけでした。

その論文の内容というのが、

「水素が生体内で強力な活性酸素【ヒドロキシルラジカル】を消去する」

というものだったんですね。

 

身体をサビさせる活性酸素

そもそも活性酸素とは何のことでしょうか?

生き物は酸素をつかってエネルギーを生みだしていますが、そのプロセスでいわば「排気ガス」のように発生してしまうのが活性酸素です。

活性酸素はまわりの細胞等を酸化させる力(酸化作用)がつよく、細胞の老化や病気の原因になるといわれています。

▲リンゴの切り口が茶色くなるのも「酸化作用」。

 

リンゴの切り口が茶色くなるように、鉄が赤茶色に錆びていくように、人の身体・細胞も活性酸素によってサビていく(=酸化していく)。

活性酸素の強い酸化力が、DNAやタンパク質・脂質などを攻撃し、細胞の機能を衰えさせ、老化や病気につながっていくんですね。

活性酸素は細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。

(出典:『活性酸素と酸化ストレス』厚生労働省 e-ヘルスネット)

 

活性酸素が増える要因

活性酸素は酸素呼吸の副産物として生まれ、呼吸に使われる酸素の1〜2%が活性酸素になります。

それ以外でも、以下のような要因によって活性酸素が増えることがわかっています。

  • タバコ
  • 排気ガス
  • 添加物などの化学物質
  • 放射線
  • 紫外線
  • 電磁波
  • アルコール
  • ストレス

現代の生活環境や生活習慣をふりかえってみると、私たちはより活性酸素によるリスクが大きな社会に生きているといえるかもしれません。

 

活性酸素には「役に立つもの」と「害になるもの」がある

「活性酸素が老化や病気の原因になる」と聞くと「活性酸素はワルモノだ!」というイメージをもってしまいますが、すべての活性酸素が悪さをするわけではありません。

活性酸素にはいくつかの種類があり、その「酸化力」にも大きな違いがあります。

そして酸化力の強くない活性酸素のなかには

  • 精子の形成
  • 血管の修復
  • 傷の治癒
  • ウイルスなど外敵から守る

といった、役に立つはたらきをしてくれるものもあるんですね。

たとえば活性酸素のひとつ「過酸化水素」は、白血球が癌細胞をやっつけるときの重要な道具としてはたらいてくれます。

こうした活性酸素はわたしたちの身体になくてはならないものだといえます。

■ 酸化力の弱い「善玉」の活性酸素としては

  • スーパーオキシド
  • 過酸化水素

という2種類があげられます。

 

害になる活性酸素「ヒドロキシルラジカル」

いっぽうで、スーパーオキシドの100倍以上もの酸化力をもつ活性酸素「ヒドロキシルラジカル」は、外的をやっつけるというよりも自分自身のからだを傷つけるはたらきをしてしまいます。

これが老化や病気の元になる活性酸素なんですね。

そして「水素はこのヒドロキシルラジカルだけを消去する」というのが、太田教授が2007年に発表した論文の内容だったわけです。

 

他の抗酸化物質にはない、水素の特性

「活性酸素を消去する」というはたらきを「抗酸化作用」といいますが、抗酸化作用をもつ抗酸化物質としては

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  • ポリフェノール

などがよく知られています。

しかしこれら従来の抗酸化物質は「役に立つ立たない関係なく、すべての活性酸素を消去してしまう」という性質があったため、「摂取しすぎ」には注意する必要がありました。

水素は害になる活性酸素だけに作用する

それにたいして水素は酸化力が非常に強く破壊力が大きい活性酸素「ヒドロキシルラジカル」だけを取り除いてくれます。

抗酸化力は水素よりもビタミンCなどのほうが強力ですが、「ヒドロキシルラジカルだけに反応する」という水素の性質から、「水素は他の抗酸化物質より優れている」といわれるわけです。

一例をあげると、外から侵入してくる細菌をやっつけるためには「次亜塩素酸」という活性酸素が働いてくれますが、水素はこの次亜塩素酸も取り除かずにいてくれるんですね。

本当に「身体にとっていいこと」だけを考えてくれる、すごくいいヤツのように見えてしまいます^^

 

宇宙一小さい分子「水素」は、身体のすみずみまで拡散していく

また水素は宇宙一小さな分子なので、ビタミンCなど他の抗酸化物質とはちがった吸収のされ方をします。

ビタミンやポリフェノールは消化器官によって消化されることで体内に吸収されていきますが、水素には特定の消化経路はありません。

「拡散」といって、おでんにおでん汁がしみこんでいくように、身体のすみずみまでじわじわと浸透していくんですね。

 

脳や卵巣といったガードが固い場所にも届く水素

宇宙一小さいという性質により、水素は身体のなかでもガードが固い「脳」「卵巣」といった場所にも浸透していくことができます。

たとえば脳には異物の侵入を防ぐための「血液脳関門」といわれる関所のようなものがあり、血液と脳のあいだの物質交換を制限しています。

ビタミンCなど他の抗酸化物質は大きすぎるためこの関門を通過することができませんが、水素は問題なく通り抜けることができます。

これも「水素が優れた抗酸化物質」といわれる理由のひとつです。

 

水素のデメリットは体内に蓄積できないこと

水素が抗酸化物質として優れている理由を見てきましたが、水素にはデメリットもあります。

それは「体内に蓄積できない」ということ。

身体に取り入れたものの活性酸素と作用しなかった水素は、ほどなくして吐く息とともに排出されていきます。

おかげで過剰摂取の心配もないわけですが、継続的な作用という面では体内に蓄積できるビタミンCやビタミンEのほうが優れているといえます。

 

間接的に抗酸化力を高める作用も・・!

ところが最近の研究で、水素には「体内の抗酸化作用をもつ酵素を間接的に増やすはたらき」もあることがわかってきました。

酵素はある程度継続的に働くため、水素が体内から抜けてしまったあとでも「抗酸化力が高い状態」があるていど維持されることになります。

水素の抗酸化力は直接反応によるものだけではないんですね。

 

ちなみに体内で抗酸化のために働く酵素をSOD酵素といいますが、SOD酵素は20歳すぎをピークに年齢とともにどんどん減っていってしまいます。

SOD酵素のはたらきをサポートするという意味でも、水素を摂取する価値は高いといえます。

 

まとめ

以上、今回は水素の抗酸化作用についてみてきました。

まとめますと、

  • 病気や老いの原因となる「悪玉」活性酸素だけを取り除く
  • 「拡散」によって他の抗酸化物質が届かない、身体のすみずみまで届く
  • 間接的にも体内の抗酸化力を高めるはたらきがある

といった点が、水素のすぐれた特長となります。

が・・実は水素が効果をもたらすメカニズムはこれだけではありません。

次の記事では「活性酸素をとりのぞく以外の水素のはたらき」についてみていきたいと思います。

>>水素の働き②|遺伝子スイッチにはたらきホルモンや酵素を活性化!?