スイソニアってどんな水素吸引器?業務用水素吸引器の口コミ評価まとめ

多くのエステサロンやスポーツクラブ、水素バーなどで導入されている水素吸引器「スイソニア」。

一台1,850,000円(税別)と高額なため業務用ととらえられがちですが、最近では個人で家庭用に導入する人も増えているようです。

今回はこのスイソニアについて、その特徴や使用した方の口コミをまとめてみたいと思います。

 

芸能人が使っているとTVで話題になったスイソニアってどんな水素吸引器?

2016年に放送されたTV番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日)のなかで、美容家のGENKINGさんがスイソニアを使用されているようすが紹介されていました。

番組のなかではロンドンブーツ1号2号の淳さんも「水素やべーー!!」と水素吸引の効果を実感されていたみたいですね。

▲こちらは別の番組ですが、GENKINGさんが「スイソニア」を使って水素吸引をされている様子を見ることができます。

この「スイソニア」は、水素吸引器としてどんな特徴があるのでしょうか?

特徴をまとめると、以下のようになります。

スイソニアの特徴まとめ
  1. 「電気分解」ではなく「過熱蒸気分解法」によって水素を発生させている
  2. 吸引できる水素ガスの濃度は0.3〜1.0%
  3. 研究開発から製造・検査・メンテナンスまで、すべて国内でやっている「純国産」
  4. ランニングコストは1日1時間使用で年間約16,800円(税別・ヒーターカートリッジ交換費用)+電気・水代
  5. 産学共同で、水素ガス吸引の人にたいする効果について研究をすすめている

 

では1点ずつ詳しく見ていきましょう。

 

❶スイソニアは「電気分解」ではなく「過熱蒸気分解法」で水素を発生させる。そのメリットは?

水素ガスを発生させる方法としてポピュラーなのは、水を電気分解する方法です。

※電気分解にも「隔膜式」「無角膜式」「PEM法」などさまざまな種類があります。

スイソニアは電気分解ではなく、「過熱蒸気分解法」という独自の方法(国際特許出願中)で水素を発生させます。

妻ゆい
妻ゆい
電気分解とどう違うの??
管理人KON
管理人KON
正直難しくて完全にはわかってないんだけど・・^^;

公式サイトによると「より安全な水素ガスを、安定した濃度で供給できる」というメリットがあるとされているよ。

水素分子(水素ガス)は水素分子で違いはないので、水素の発生方法によって水素吸引の効果が変わるとは考えられません。

なので違いがあるとすれば「安全性」や「安定濃度」といった部分になると思います。

スイソニアはこの点で優れているとされているんですね。

発生するガスの「水素純度」が高いとちょっと危険?

「隔膜式」「PEM式」などの電気分解で水素ガスを発生させる場合、電気分解で生じる水素ガスだけを取り出すため、

■発生するガスの水素純度:99.99%

と、非常に水素純度の高いガスが発生します。

多くの水素吸引器では、このような水素純度の高いガスを発生させます。

妻ゆい
妻ゆい
水素は空気中の濃度が4%を超えると爆発の危険があるんじゃなかったっけ?
管理人KON
管理人KON
「発生するガスの水素純度が高くても、すぐに空気に混ざって水素濃度は4%以下になる」、だから基本的に安全ということなんだと思うよ。

とはいえ水素純度が高いガスが発生するということは、仮にすぐに空気に混ざらず、何かの間違いで狭い場所にガスがたまったりした場合、爆発の危険性がゼロではありません。

 

そこで安全性を考えて開発された水素発生方法が、スイソニアの「過熱蒸気分解法」です。

「過熱蒸気分解法」で発生するガスは「水素ガス:酸素ガス=2:1」の混合ガス

過熱蒸気分解法では、水を約700度まで加熱して水蒸気化し、水素ガス(H2)と酸素ガス(O2)に分離します。

水(H2O)から分離するので、混合ガスの割合は必然的に【水素ガス:2  酸素ガス:1】になります。

つまり発生ガス中の割合は【水素ガス:約66.7% | 酸素ガス:約33.3%】になるわけですね。

この混合ガスも、すぐに空気に混ざって「空気中の水素ガス:4%以下」になるわけですが、水素純度が低いため、何かの間違いで空気中の濃度が4%を超えるリスクは少なくなります。

妻ゆい
妻ゆい
むずかし・・で、わかりやすくいうと??
管理人KON
管理人KON
つまり、発生するガスが混合ガスなので、純度99.99%の水素ガスに比べると爆発のリスクがぐっと下がるということかな。

※純度99.99%を超える水素ガスを発生させる機種でも、爆発したという話は聞きません。

ですので「ただでさえ低いリスクが、より低くなる」というイメージだと思います。

 

ちなみに電気分解で水素を発生させるタイプのなかでも、「無隔膜式電気分解」(国際特許取得)を採用した「H2ヒーラーという機種は、「水素ガス:酸素ガス=2:1の混合ガス」で水素を発生させます。

 

 

❷スイソニアで吸引できる水素ガスの濃度は0.3〜1.0%

スイソニアは

「濃度3,000〜10,000ppm(=0.3〜1.0%)の水素ガスを安定的・持続的に発生させる」(公式サイトより)

とされています。

これを見てちょっと意外に感じました。

なぜなら私も使っているポータブルな水素吸引器「H2ヒーラー」でも「濃度10,000ppm(1.0%)以上」あるからです。

▼「H2ヒーラー」についての記事

【水素吸引器H2ヒーラー】で1ヶ月吸入してみた結果|効果や使い勝手の口コミ体験談私が水素吸入器の購入を検討し始めたとき、水素吸入器のどこをどう比べればいいかまったくわかりませんでした。 そこで、かなり詳細まで突っ込...

 

2016年12月に「先進医療B」に指定され、全国の医療機関で行われている「水素ガス吸入治療」の場合の水素濃度は

慶應義塾大学病院の水素ガス吸入治療:2%水素を18時間吸入

大阪大学呼吸器外科の水素ガス吸入療法:1.3%水素を24時間吸入

となっており、家庭用の水素吸引器としては1%は十分な濃度といえます。

が、業務用で使われることがほとんどのスイソニアは「もう少し高濃度で2%くらいあるのかな・・?」と思っていました。

妻ゆい
妻ゆい
スイソニアは水素濃度そのものがとりわけ高いわけじゃないんだね。
管理人KON
管理人KON
そういうことになるね。H2ヒーラーはわりと新しい製品だから、水素吸引器そのものが進化してきてるというのもあるのかも。

 

 

❸スイソニアは「純国産」

スイソニアのメーカーは「株式会社アースエンジニアリング」という会社で、スイソニアの研究開発から製造・検査・メンテナンスまで、すべて国内でやっています。

高額な製品なので、何かあった場合の修理対応なども国内の専門チームが対応してくれるというのは安心ですよね。

 

❹ランニングコストは1日1時間使用で年間約16,800円+電気・水代

水素吸引器は「本体が安くてもランニングコストが高い」ものもあったりするので、ランニングコストには気をつけたいです。

スイソニアのランニングコストはというと、

300時間使用ごとに交換が必要なヒーターカートリッジ代:1回分13,800円(税別)

となっています。

1日1時間使用するとすると、年間コストは約16,800円(税別)ですね。

あとは電気代と水代のみで使用することができます。

 

電気代は目安として1日1時間利用で月600円前後になります。(公式サイトの計算例より)

 

 

産学共同で、スイソニアの人にたいする効果を研究

スイソニアのメーカーである株式会社アースエンジニアリングは、九州健康福祉大学との産学共同で、スイソニアの人への効果について研究しています。

規模はそれほど多くはないものの、以下のような臨床試験の結果も公開されています。

 

『水素ガスを含む蒸気混合ガス吸入後の唾液バイオマーカーの解析』九州健康福祉大学リポジトリ

水素吸引によって、生体の免疫力を増強する作用があることを示唆

 

妻ゆい
妻ゆい
実際にスイソニアを使った効果を研究してるんだね。
管理人KON
管理人KON
水素吸引そのものの医学研究はたくさんあるけど、こういう研究があるとより安心して使えるよね。

 

❺スイソニアの使い方

スイソニアの使い方です。(画像・映像は旧タイプのスイソニアFRJ-03)

❶電源スイッチをオン。 

 

❷精製水またはミネラルウォーター(軟水)を約800ml、何回かに分けてタンクに注入。

 

❸注水完了。タンクの水は週一回程度交換します。

 

❹タッチパネルで吸入時間タイマーをセットして、開始ボタンを1秒長押し。

 

❺スイソニアが始動し、約20分たつと「水素ランプ」が点灯、ブザー音がなります。

 

❻タイマーがスタートし、水素を含んだ蒸気スチームが吸入可能になります。

 

❼専用のカニューラを鼻に装着します。

 

❽カニューラのチューブを本体のチューブ取り付け連結部に接続します。

妻ゆい
妻ゆい
使い方はシンプルでカンタンね!

 

 

 

 

スイソニアのスペック

価格1,850,000円
品番FRJ-X
吸入水素ガス濃度0.3〜1.0%
定格電圧AC100V
定格消費電力
800W
重さ約12kg
サイズ 幅240mm×奥行325mm×高さ475mm
メンテナンス品ヒーターカートリッジ:
300時間の使用で交換(1回分13,800円)
保証期間1年

(価格は税別表示)

 

まとめ

今回は主に業務用で使われている「スイソニア」がどんな水素吸引器なのかについてみてきました。

調べて意外だったのは、やはり水素濃度が思ったほど高くなかったという点。

業務用としてのメリットは、水素濃度というよりも「長時間何人もの人に使い続けられる機械としての安定性」にあるのかもしれませんね。

 

>>スイソニアの購入・レンタルについて相談してみる(プロラボ・ソリューション公式サイト)

 

 

(参考)私が選んだ「H2ヒーラー」とスイソニアの比較

水素吸引器を徹底比較した結果、我が家で決めたのは「H2ヒーラー」という水素吸引器でした。

【2019決定版】水素吸引器(吸入器)の選び方|おすすめ8機種の性能を徹底比較「水素吸引器をどうやって選べばいいの?」という疑問にこたえるために、水素濃度・安全性・ランニングコスト・メンテナンスの簡単さなど7つのチェックポイントを上げ、市販の水素吸引器を徹底比較してみました。自宅で水素吸引を手軽に行うためには、それなりの水素吸引器でないと継続が難しくなる可能性があります。ぜひ参考にしてみてください。...

 

家庭用のH2ヒーラーを業務用のスイソニアと比べるのもおかしいかもしれませんが、思っていた以上に差がないように感じたため、比較表で違いをご紹介してみたいと思います。

 スイソニアH2ヒーラー
価格1,850,000円(税別)128,000円(税別)
水素ガス濃度0.3〜1.0%以上1.0%以上
連続吸引OKOK
水素発生方法 過熱蒸気分解法
※国際特許取得出願中
無隔膜式電気分解
※国際特許取得
発生するガス水素ガス:酸素ガス=2:1の混合ガス水素ガス:酸素ガス=2:1の混合ガス
水素水は?なし
生成可能
3分で1.0ppm
(水素吸入後に飲める)
重さ約12kg490g
サイズ 幅240mm×奥行325mm×高さ475mm75x65x245mm
充電パワー充電機能なし 2-3時間のフル充電で
3分の水素水生成:約40回前後
30分の水素吸引:約3回前後
日々のメンテンナンス
水の入れ替え
国際特許の「無角膜電解方式」により、クエン酸洗浄不要、軽い水洗いのみでOK
ランニングコスト
ヒーターカートリッジの交換
=年間約16,800円
3〜6ヶ月ごとにフィルター交換(1本約3,300円〜)
=年間約6,600〜13.200円
その他
BPA(多くのプラスチックに使われている環境ホルモン物質)フリーの安全素材「トライタン」

(価格は税別表示)

多くの家庭用水素吸引器を徹底比較した結果選んだのが「H2ヒーラー」だったのでもともと評価は高かったのですが、こうして一覧で比べてみてもH2ヒーラーが優れていることが再確認できます。

もちろん今後機械の寿命などで差がでてくるかもしれませんが、

スイソニアを使ってみたいけど購入は厳しいし、毎回水素サロンで数千円も払い続けるのはコストがかかりすぎる・・・

と悩んでいる方は、H2ヒーラーも検討されてみることをおすすめしたいです。

 

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

 

 

水素吸引・水素吸入特集

「寝ても寝ても疲れがとれない」
「慢性的な持病をなんとかしたい」
「いつまでも若々しく健康でいたい」
「家族の健康のために、何かできることをしたい」
「美容や健康にプラスになることをしたい」

このような思いをもって、水素吸引に興味をもっている方はどんどん増えてきています。

でも、1回数十分で5,000円近くかかる水素サロンなどに通い続けるにはコストがかかりすぎます。

かといって現在市販されている水素吸引器を検討しようにも、

  • 価格がバラバラ
  • スペックの規格や水素発生方法もそれぞれ違う
  • 安全性のためにどこをチェックすればいいのかわからない

といったわかりにくさから、

どうやって選べばいいのかわからいない!!

という方も多いのではないでしょうか?

私も水素吸引器を検討し始めたときは同じような悩みを抱えていました。

そこからさまざまなメーカーさんいも問い合わせたりしながら、かなりつっこんだところまで各水素吸引器について調べ上げ、納得いく水素吸引器選びをすることができたという経験があります。

そこでこのプロセスで身につけた「失敗しない水素吸引器選びのコツ」を、約1分で読める無料メール講座全7回としてシェアさせていただきたいと思います。

自宅に満足できる水素吸引器があると、本当に人生の質が変わります。

少しでも興味のある方は、ぜひご登録してみてください。

1日1分でわかる!水素吸引器の選び方無料講座全7回

 

2016年12月に「水素ガス吸入治療」が厚生労働省の「先進医療B」に認定されて以降、水素吸引が注目を集めています。

当サイト「スイスピ」では

『水素吸引についてのアンケート調査』
『市販の水素吸引器を徹底比較』

などをおこない、水素吸引の恩恵が身近なものになるようなコンテンツを掲載しています。

美容や健康のために「水素吸引が気になっている!」という方はぜひ参考にしてみてください。

>>水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ

 

>>【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?