その他

開封後、水素が抜けるまでの時間が長いアルミパウチ水素水はどれ?

アルミパウチの水素水の場合「いかにして抜けていく水素量を少なくするか」というのが課題になります。

メーカーがやっている対策としては、主に次の4つがあります。

■ 水素分子の充てん方法を工夫して水素が抜けにくくする

■ 容器を工夫して水素が抜けにくくする

■ できるだけ作りたての製品を届ける

■ 1本あたりの容量を減らして、確実に短時間で飲みきれるようにする

 

一方でわたしたちにできる対策としては、

■ 開栓後はできるだけ早く飲み切る

ということになります。

 

このようなわけで、アルミパウチの水素水を飲んでいる方のなかには

「一度あけたら急いで飲み切るようにしています!」

といって、焦りながら水素水を飲んでいるケースがあるんですよね。

せっかくの水素水なのにゆっくり飲めないなんて、ちょっと残念に感じます。

 

そんなに急いで飲む必要はない

実はメーカー側の努力によってそんなに焦って飲む必要はなくなっているのですが、意外と利用者には知られていないようです。

アルミパウチの水素水はプラスチックのキャップがついているものがほとんどですが、

「一度開封したあとは、中に空気が残らないように注意しながらキャップを締め直す」ことで、水素を抜けにくくすることができます。

 

グラスにいれた水素水の水素濃度は2〜3時間で半分に

普通にグラスに水素水をあけると、2〜3時間後には水素濃度が半分になり、さらに数時間たつとほとんどゼロになってしまいます。

おそらくアルミパウチの水素水を急いで飲まれている方も同じようなイメージを持たれていると思うのですが、空気が入らないようにキャップを締め直せばこんな簡単に抜けることはありません。

 

水素の抜け具合を公表している水素水

アルミパウチ水素水のなかで、

「開封後に空気を抜いてキャップを締め直した」場合の水素濃度の変化

を公表している商品があります。

以下の3点です。

■キヨラビ

8時間後に90%の水素濃度をキープ

キヨラビ

■浸みわたる水素水

24時間後に90%の水素濃度をキープ

浸みわたる水素水

■ビガーブライトEX

48時間後に90%の水素濃度をキープ

ビガーブライト

比べてみると、数値が公開されているアルミパウチ水素水のなかでは「ビガーブライトEX」が一番開栓後の保存期間が長いアルミパウチ水素水ということになります。

 

ユーザーも保存期間が長い水素水を求めている

「開栓後も水素濃度が長く維持される」

というのは利用者にとっても大きなポイントになっているようで、「ビガーブライトEX」の口コミの中には選んだ理由として水素濃度の保持期間をあげている方がたくさんいらっしゃいます。

 

この季節には問題なしですが、寒い時期にはこの量を一度に飲み切るのは難しいので、水素が長時間残っているのは非常にありがたいです。

数ある水素水の中でもこちらの商品は、「水素溶存量」が多いのと、
開封後の「水素量保持時間」が長いので選びました。

500mlあるので、いっぺんに飲んでしまうのは大変なので、
開封後の水素保持時間が長いのはとてもありがたいです。

こちらの商品を選んだ理由は、水素含有量と保存期間の長さです。

水素は抜けやすいそうなので、保存期間が長いということは、
それだけ容器もしっかりと作られているのかなと思いました。

 

まとめ

ストレスの身体への影響をやわらげる目的で水素水を飲むのに、

「急いで飲まなきゃ!」

と、飲む際にストレスを感じたくないですよね。

 

アルミパウチの水素水を検討していて

「開栓後も水素が長時間残っているものがいい!」

という方であれば、

丸2日たっても90%の水素が残っている「ビガーブライトEX」を検討されるといいと思います。

 

>>ビガーブライトEX公式サイト(2018年5月から「メグミオ」という商品名にリニューアルしています)

 

 

 

ABOUT ME
管理人KON
長年敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。 そこから水素の医学研究や様々な製品にも強く興味を持つようになり、その調べた内容や、実際に使ってみた体験談をまとめています。>>詳しいプロフィールはこちら
水素吸引・水素吸入特集

「寝ても寝ても疲れがとれない」
「慢性的な持病をなんとかしたい」
「いつまでも若々しく健康でいたい」
「家族の健康のために、何かできることをしたい」
「美容や健康にプラスになることをしたい」

このような思いをもって、水素吸引に興味をもっている方はどんどん増えてきています。

でも、1回数十分で5,000円近くかかる水素サロンなどに通い続けるにはコストがかかりすぎます。

かといって現在市販されている水素吸引器を検討しようにも、価格や規格がバラバラで

どうやって選べばいいのかわからいない!!

という方も多いのではないでしょうか?

私も水素吸引器を検討し始めたときは同じような悩みを抱えていました。

そこからさまざまなメーカーさんいも問い合わせたりしながら、かなりつっこんだところまで各水素吸引器について調べ上げ、納得いく水素吸引器選びをすることができたという経験があります。

そこでこのプロセスで身につけた「失敗しない水素吸引器選びのコツ」を、約1分で読める無料メール講座全7回としてシェアさせていただきたいと思います。

自宅に満足できる水素吸引器があると、本当に人生の質が変わります。

少しでも興味のある方は、ぜひご登録してみてください。

1日1分でわかる!水素吸引器の選び方無料講座全7回

 

2016年12月に「水素ガス吸入治療」が厚生労働省の「先進医療B」に認定されて以降、水素吸引が注目を集めています。

当サイト「スイスピ」では

『水素吸引についてのアンケート調査』
『市販の水素吸引器を徹底比較』

などをおこない、水素吸引の恩恵が身近なものになるようなコンテンツを掲載しています。

美容や健康のために「水素吸引が気になっている!」という方はぜひ参考にしてみてください。

>>水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ

 

>>【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?