ルルド

水素水サーバー「ルルド」の詳細情報|ルルドの特徴まとめ

今回は代表的な家庭用の卓上水素水サーバーのひとつ「ルルド」がどういった製品なのかを詳しくご紹介してみようと思います。

 

  >>水素水サーバー ルルド

 

ルルドの特徴を他の機種と比較

まずはご参考までに、「ルルド」と他の代表的な卓上水素水サーバー「アキュエラブルー」「ガウラmini」との比較表をご覧ください。

  ルルド  アキュエラブルー  ガウラmini
ルルド赤 あきゅえらあ スクリーンショット 2016-03-18 1.05.37
製品ページ
製品ページ

製品ページ
購入価格(税別) 148,000円 284,000円 148,000円
(オプションカラーは
+25,000円)
レンタル費用(税別) 4,980円〜
容量 1.8L 0.8L 4L
水道水
(塩素を取り除く必要有)

(塩素を取り除く必要有)
 ◯
(浄水フィルター内蔵)
水素濃度・水素生成時間 30分:1.2ppm 0分:1.0ppm
5分:1.6ppm
待ち時間なし:1.0ppm
電極が飲み水に触れるか 触れない 触れる 触れる
その他 アルコールの7倍以上の
殺菌・消臭力がある
「オゾン水」もつくれる
メンテナンス 2日に1回オゾン水をつくる 3日に1回薬品洗浄
月1回クエン酸洗浄
(ボタンひとつでできる)
30L使用ごとに洗浄
(ボタンひとつでできる)
カートリッジ・フィルター交換 9ヶ月に1回
【カートリッジ代税別2,830円】
不要 12ヶ月に1回
【レンタルの場合は無料、
購入の場合はフィルター代税別8,000円】

 

口コミ人気No.1「ルルド」だけの特長。

楽天の販売ページなどに400件以上よせられている口コミを見てみると、実際に使用している方からのルルドの評価は非常に高いことがわかります。

いったいどういった点が評価されているのでしょうか?

水素水サーバーとしての基本性能が優れているという点もあると思いますが、ここでは他の水素水サーバーにないルルドだけの特長をいくつか取り上げてみたいと思います。

 

 

1. 電極が触れない水素生成法

多くの水素水サーバーの水素水生成法は、電気分解という方法です。普通の水を電気分解することによって水素を発生させ、その結果として水素が溶存した水素水をつくります。

電気分解による水素生成法はその場で時間をかけずに水素水が生成できるというメリットがありますが、デメリットの可能性も指摘されています。

「電極の金属が触れっぱなしでも大丈夫?」という疑問

電気分解するための電極は金属でできていますが、電気分解で水素水をつくるタイプの水素水サーバーの場合、この電極がつねに飲み水のなかに浸かっていることになります。

そうすると、微量ではありますが「金属イオン」が毎日飲む水のなかにすこしずつ混入していくことになります。

微量の金属イオンを体に取り入れても大丈夫という説もありますが、長期にわたって飲み続けたデータはとられていないので、100%と安全といいきることもできないようです。

 

 

水素水の医学研究の第一人者である日本医科大学の太田成男教授も情報を提供している水素水のポータルサイト「すいそのぽーたる」では、このような理由から「電極非接触式」の水素水サーバーをすすめています。

そして「ルルド」はこの「電極非接触式タイプ」の水素水サーバーにあたります。

ルルド赤

ルルドは「水素を発生させる水」と「飲むための水」が別になっている

画像を見ていただくとわかるとおり、ルルドは飲み水のポットと別に「水素を発生させるために水」を入れるタンクがついています。

左の「水素を発生させるための水」が入った部分で水素を発生させ、その水素を右の飲み水のポットに注入することで水素水をつくります。そのため飲み水に電極が触れることなく水素水ができるわけですね。

電極が触れることを気にしない人であれば関係ないですが、小さいお子さんに飲ませるようなケースがあるのであれば、少しでも不安がない製品を選びたいですよね。

 

2.  ルルドだけの「追い焚き機能」

これもルルドだけの機能として、「追い焚き機能」がついています。

これは一度水素水をつくれば(30分で1.2ppmの濃度の水素水ができる)、ポットを外して水を注ぐまでは「追い焚き」によって1.2ppmの水素水濃度をキープしてくれるという機能です。

ルルドは1.2ppmの水素水ができるまでに30分かかるということで、そこまで時間のかからない「アキュエラブルー」や「ガウラmini」とくらべて待ち時間が長いと思われるかもしれません。

しかしこの追い焚き機能があることで、水素水生成に30分かかることのデメリットはほぼゼロになります。

 

追い焚き機能があれば「水素水生成に30分かかる」はデメリットではなくなる

どういうことか、具体的に使用の流れを追ってみるとこのようになります。

 ●夜寝る前に水素水生成をセット(一度につくれる量は1.8L)

⇒【7:00】朝イチでできあがった水素水が飲める

飲み終わったら「追い焚きON」

⇒【10:00】追い焚きで1.2ppm以上をキープしている水素水を飲む

飲み終わったら「追い焚きON」

⇒【13:00】追い焚きで1.2ppm以上をキープしている水素水を飲む

水がなくなってきたら、水を入れなおして30分かけて水素水をつくる

⇒【15:00】できあがった1.2ppmの水素水を飲む

飲み終わったら「追い焚きON」

⇒【18:00】追い焚きで1.2ppm以上をキープしている水素水を飲む

飲み終わったら「追い焚きON」

 

このような感じで、追い焚き機能があるおかげで、ほとんどいつでも好きなときに1.2ppm以上の濃度の水素水を飲むことができます。

ルルドの公式サイトを見ると「水素水ができあがったあと、12時間後も1.0ppmをキープ。水素が抜けにくくなっています」といった内容がありますが、追い焚き機能を使えば水素の抜けやすさを気にする必要はないといえます。

さらに追い焚き機能を使うことによってカートリッジの寿命が短くなったりといったデメリットもないとのことなので、安心して追い焚き機能を使いたおすことができます。

 

3.  オゾン水がつくれる

ルルドは水素水だけでなく「アルコールの7倍以上の殺菌・消毒効果がある」といわれているオゾン水をつくることができます。

これだけの殺菌効果があるので、ルルドのメンテナンスは「2日1回、スイッチひとつでオゾン水をつくるだけ」という非常に簡単なものになっています。

これ以外に9ヶ月に1回のカートリッジ交換(3,000円程度)が必要です。

またオゾン水は本体のメンテナンスになるだけでなく、

●流し台のぬめりの洗浄
●まな板の殺菌・消毒
●野菜や果物の残留農薬の除去
●ペットのにおい除去

こういった用途に使用することができ、ルルドを購入された方の口コミでも「オゾン水がとても役に立つ」という口コミが多くあがっています。

(参考:水素水サーバー「ルルド」の評判・口コミまとめ

水素水サーバーとしてはおまけの機能かもしれませんが、かなり満足度は高いようなので、ルルドを使用する際はぜひいろいろな用途に活用したいですね。

 

まとめ

以上、水素水サーバー「ルルド」にしかない特長を中心に、製品のご紹介をしてみました。いかがでしたでしょうか?

データだけ見ると「水素水ができるまで30分もかかるの?」とデメリットが目立ってしまいますが、「追い焚き機能」を含めた使用シーンをイメージしてみると、決してデメリットにはなっていないことがおわかりいただけたと思います。

「飲み水に電極が触れない」という安心度の高さもあるので、とくに小さなお子さんがいるご家族であれば候補にいれて検討すべき水素水サーバーだと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 水素水サーバー『ルルド』公式販売サイトで確認してみる