MENU
    水素水の飲み方

    水素水の効果的な飲み方|1日に飲む量やタイミングの理想形は?

    水素水は

    ・どれくらいの量を
    ・どんなタイミングで

    飲むのがいちばん効果的なのでしょう?

    水素水を飲みはじめた方の多くがこの疑問を持たれていると思います。

    ネット上ではいろんなことがいわれていますが、残念ながら医学的に「この飲み方が効果的」ということは確定していません。

    そこで今回は、これまでにわかっている「水素が体内ではたらくメカニズム」から予想される効果的な飲み方について検証してみたいと思います。

     

    「体内に溜められない」という特徴からいえる「水素水を飲む最適なタイミング」とは?

    水素水を飲むタイミング

    水素の体内での主なはたらきのひとつが、多くの病気や細胞の老化の原因となる活性酸素「ヒドロキシルラジカル」だけを選んで取り除くというものです。

    ※活性酸素とは?

    からだが酸素をとりこんでエネルギーに変換するプロセスで、2%のほどの酸素が強い酸化力をもつ「活性酸素」になります。

    活性酸素の一部はウイルスなどの外的をやっつけるために役立ちますが、一部の活性酸素は酸化力が極端に強く(弱いものの100倍以上の酸化力がある)、細胞やDNAにダメージを与えてしまいます。

    そして細胞やDNAが傷つけられることが、多くの病気や細胞の老化の要因となるんですね。

    この極端に強い酸化力をもつ活性酸素の代表的が「ヒドロキシルラジカル」です。

    そして水素の特徴として「体内にためられない、蓄積できない」というものがあります。

    この事実からいえるのは、

    1. ヒドロキシルラジカルが体内に増えたタイミングで飲む
    2. いっきにまとめて飲むのではなく、こまめにわけて定期的に飲む

    このような飲み方が「効果的な水素水の飲み方」といえます。

    詳しくみてみましょう。

    ❶ 酸化力が強い活性酸素【ヒドロキシルラジカル】が増えたタイミングで飲む

    体内に蓄積できない水素を取り入れるタイミングとして理想的なのは、

    「ヒドロキシルラジカルが体内に増えているタイミング」

    ということができます。

    では「ヒドロキシルラジカルが体内に多いとき」とはどういうときかというと、以下のようなタイミングがあげられます。

    • タバコを吸ったあと
    • アルコールを飲んだあと
    • 運動のあと
    • 何らかのストレスを感じているとき
    • 病気をしているとき
    • 紫外線にあたっているとき
    • 添加物の多い食事ばかり摂っているとき
    • 疲れを感じているとき

     

    管理人KON
    管理人KON
    個人的にも
    「ストレスが溜まったな〜」
    「疲れがたまってるな〜」
    というときに、水素水を飲んだり水素サプリを飲むことで、とくにすっきりするのを体感することがよくあります。

     

     

    ❷ こまめにわけて定期的に飲む

    「水素分子は体内に蓄積できない」ということから導かれる結論のひとつは、

    「いっきにまとめて飲んでもあまり意味がない」

    ということ。

    このことから、「こまめにわけて1日3回程度にわけて飲む」ことが効果的な飲み方といえます。

    1日3回が最適かどうかは別にして、「あいだをあけずに定期的に飲む」ことが効果を実感していくためにたいせつな要素のひとつといえるでしょう。

     

    よくいわれる「朝」と「夜」はどう?

    実際に水素水を飲んでいる人の声でよく聞くのが

    「朝起きてすぐと夜寝る前」のどちらか1回、あるいは両方(1日2回)飲む

    という飲み方です。

    この飲み方はどうなのでしょうか?

    朝と夜に活性酸素が増えているわけではない?

    夜眠っているあいだに水分が消費されるため、「水分をとるタイミング」として朝起きたときは良いタイミングといわれています。

    そのため水素水を飲むタイミングとしてはわるくないですね。

    ただ朝や夜に活性酸素が増えているのかというと・・

    調べてみましたがそのような情報は見当たりませんでした。

     

    「忘れないため」のタイミングとしての「朝・夜」

    「こまめにわけて定期的に飲む」のが水素水の飲み方として理想的なのですが、「朝起きたとき」と「夜寝る前」はもっとも忘れにくいタイミングといえるかもしれません。

    おそらくその意味で、「朝・夜」のタイミングで飲むことにしている人はけっこういるのではないかと思われます。

     

     ちなみにこちらの「水素水完全ガイド」さんでは273名へ水素水の飲み方についてのアンケートをとられており、『水素水をどんなタイミングで飲んでいますか』という問いにたいしては、

    • 1日1回飲む人のうち→朝か夜に飲む人が約80%
    • 1日2回飲む人のうち→朝と夜に飲む人が約70%

    と、多くの人が「朝と夜」を飲むタイミングとして採用されています。

     

     

    水素水の1日の摂取量はどれくらいがいいの?

    水素水を飲む量

    では次に「水素水の1日に飲む量はどれくらいがいいのか?」について見てみましょう。

    水素水は飲みすぎても害はない

    まず「水素水は飲みすぎても害はない」というポイントはおさえておきましょう。

    体内に水素分子がよぶんに取り込まれたとしても、体内で活用されなかった分は呼気とともに排出されていきます。

    そのため「水素水の飲み過ぎ」による害を心配する必要はありません。

    管理人KON
    管理人KON
    コスト的にはダメージがあるかもしれませんが・・^^;

     

     

    「水素濃度」「体内のヒドロキシルラジカルの量」によってピッタリな摂取量は異なる

    水素水の摂取量は、なかなか「これぐらいがベスト」というのが難しいです。

    その理由は、

    1. 水素水製品によって、「水素濃度」がけっこう違う
    2. 水素分子が作用する「体内のヒドロキシルラジカルの量」も、人や状況によって差がある

    という2点によります。

     

    ❶ 水素水製品による水素濃度の違い

    水素水は製品によって水素濃度がまちまちです。

    たとえば、日本トリムやパナソニックの機器(還元水素水整水器)でつくった水素水の場合、水素濃度は高くても0.3ppmほどになります。

    それにたいして、

    • 水素水サーバー「ガウラミニ」:1.0ppm前後
    • アルミパウチ水素水「高濃度水素水 縁」」1.6ppm(飲む時点の濃度)

    などなど、水素濃度に大きな差がある場合が少なくありません。

    水素水に含まれる水素分子の量にこれだけ違いがあるため、いちがいに「1日〇〇mlがベスト」ということができません。

     

    ❷ 体内のヒドロキシルラジカルの量も「人」や「状況」によって異なる

    ストレスをためている人や病気中の人であれば、ストレスなく快適に暮らしている人よりも体内のヒドロキシルラジカルが増えている可能性が高いです。

    そういう方であれば、通常よりも多めに水素をとりこんだほうが「効果的」ということになります。

    たとえば何らかの疾患をもつ人にたいする水素水の臨床研究では

    「1日に1リットル以上の水素水」

    を与えることが一般的だそうです。

     

     

    太田教授の「経験上の話」

    水素の医学研究の第一人者である太田成男教授は、「水素水を飲む量」について次のように述べられています。

    「年齡やそのときの状況、つまり活性酸素が体内にどれくらい出ているかによって異なるので一概には言えないが、経験上、1日に300ml~500mlがいいと思う

    (出典:太田成男著『水素水とサビない身体』2013小学館より)

    300〜500mlというと、だいたいアルミパウチ水素水1本分ですね。

    ちなみに太田教授は同書のなかで

    「水素濃度の目安は0.8ppm」

    とも述べられているので、とくに疾患を抱えていない方であれば、

    「0.8ppm以上の水素水を、1日300-500ml飲む」

    というのを目安にするといいでしょう。

     

    その他の「水素水の飲み方」注意点

    その他、いくつか気になるポイントを確認しておきましょう。

    「開けたらすぐ飲む」必要はない?

    「水素はすぐ抜けるので、アルミパウチ水素水など、開けたらすぐ飲むように!」

    という情報をたまにみかけます。

    たしかに水素分子は放っておくとどんどん抜けていきますが、そこまで神経質になることはありません。

     

    水素はすぐに抜けるわけではない

    たとえばアルミパウチ水素水であれば、一度開封しあたとでも

    「空気を抜きながらキャップを締めなおす」

    ことで、8〜24時間程度あとでも水素濃度を8〜9割キープすることができます。

     

    また「コップに水素水を注いだ場合」でも、「2時間後で75%ほど水素濃度キープ」されてます。

    水素は抜けていくとはいえ「すぐ飲まなきゃ!」と焦るほどのものでもないので、落ち着いて飲んでいただければと思います。

     

    常温、冷やして、あたためて・・どの飲み方が理想的?

    水素水は「常温」「冷水」「あたためて」どの状態で飲んでも大きな差はありません。

    ※日本医科大学太田成男教授によると、あたためた場合でも「80℃くらいまで」であれば水素はほとんど抜けないそうです。

    ただ冷たすぎるとからだに負担になることもあるので、「常温または湯煎してほどよく温めて飲む」のがおすすめの飲み方といえそうです。

     

    まとめ

    以上、今回は「水素水の理想的な飲み方」について、水素のはたらくメカニズムや性質から検証してみました。

    なかなか一概に「これがベスト」というのは難しいですが、まずは

    0.8ppm以上の水素水を1日300-500ml以上、定期的に飲む

    という飲み方を目安にし、後はご自身の体調の変化や体感と相談しながら調整していくのがいいのかな、と思います。

    よかったら参考にしてみてくださいね。

     

     


    この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせて読んでみてください。

    ガウラミニ 使ってみた
    水素水サーバー「ガウラmini(ミニ)」をレンタル!実際に使ってみた結果ついに水素水サーバー「ガウラミニ」を導入しました! 今回は実際に使ってみたようすや感想についてお伝えしてみたいと思います。 >>ガウ...
    使ってみて満足してる?水素水サーバー「ガウラミニ」の評判・口コミをまとめてみました「ガウラミニ」は場所をとらず設置もカンタン(置くだけ)な「家庭用卓上水素水サーバー」のひとつで、かなり人気が上がってきている製品です。...
    水素と水素水の効果|人への臨床研究で確認された事実まとめ【水素や水素水の効果効能】を商品などでうたうことは、法律上できません。 が、動物実験ではすでに否定できないレベルの様々な現象が観察...

     

     

     

    ABOUT ME
    管理人KON
    長年敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。 そこから水素の医学研究や様々な製品にも強く興味を持つようになり、その調べた内容や、実際に使ってみた体験談をまとめています。>>詳しいプロフィールはこちら