設置型水素水サーバー

大切な家族を守るために|飲み水から放射性物質も除去してくれる水素水サーバーで安全と健康を確保する

「飲み水に放射性物質は入っていないの?」という心配

福島第一原発からの放射能漏れについては「収束した」「もう安心」という声があるいっぽうで「核燃料が地下水と接触してしまった結果、今現在も放射線水蒸気が噴出し続けている」と指摘する情報もあったりして、実際のところ何が本当なのかわからない、という状況が続いています。

 

放射能汚染による影響が杞憂に終われば本当にそれにこしたことはありません。ですが「現象面」で気になることがありますし、確定的なことがわからない以上、考えうる防御手段をとることは大切ではないかと個人的には考えています。

 

現状、もっとも安全といえる水は「RO水」?

水道水から放射性物質が検出されたことからスーパーのミネラルウォーターが売り切れた、といったこともありましたが、スーパーで販売されているミネラルウォーターも天然水である以上、採水地等によっては100%安全とは限りません。

では現状もっとも安全といえる水はどんな水か?というと、その候補として「RO水」をあげたいと思います。

 

RO水とは

水道水からほぼ100%不純物(放射性物質を含む)を除去することができる「RO(逆浸透)膜」というものがあります。

「0.0001μm」という非常に小さな孔(あな)があいている膜でろ過することによって、水に含まれるほとんどの不純物を除去することができるんですね。

このRO膜でろ過した水のことを「RO水」と呼びます。

 

ほとんどの放射性物質をろ過できるRO膜

「0.0001μm」というRO膜の孔の大きさを代表的な放射性物質の大きさと比較すると次のようになります。

☑セシウム:0.0006μm
☑放射性ヨウ素(ヨウ素131):0.0002μm
☑ストロンチウム:0.0006μm
☑ウラン:0.0005μm

どれも0.0001μmよりも大きいため、膜を通ることができません。

ということで「RO膜でろ過した水(RO水)を飲むようにすれば、飲み水の放射性物質リスクは最小限にできる」ことになるわけですね。

 

 

私たちがRO膜でろ過した水(RO水)を飲む方法

RO膜を使って純水をつくることによって、飲み水に放射性物質が紛れ込む可能性を限りなく小さくすることができるわけですが、私たちが日常的にRO水を飲む方法には次の2つがあります。

  1. 工場でつくったRO水をボトリング、宅配してくれるウォーターサーバーを利用する
  2. RO膜を備え、自宅で水道水からRO水をつくれるウォーターサーバーを導入する

 

1.  工場でつくったRO水をボトリング、宅配してくれるウォーターサーバーを利用する

White Water Cooler isolated on white background. 3D render

このタイプの宅配水ウォーターサーバーは、

☑アクアクララ
☑クリクラ
☑アルピナ(ハワイウォーター)

このあたりが代表的なところです。

 

「宅配水」といわれることもあるように、水を宅配してもってきてもらい、サーバーに自分でセットする形になります。

Man with a bottle of drinking water.

 

 

 

2.  RO膜を備え、自宅で水道水からRO水をつくれるウォーターサーバーを導入する

このタイプのウォーターサーバーは数が少ないですが、「クールクー」という水道直結型のウォーターサーバーが該当します。

ronaibu出典:クールクー公式サイト

▲このようにRO膜を備えたろ過機が内臓されていて、水道水からRO水をつくることができます。

 

 

「RO水」で、かつ「水素水」という選択肢も

RO水を飲むことによって安全性を確保することができますが、そこにさらに水素を充てんした「RO水の水素水」を飲むという選択もできます。

水素水は美容や健康への効果が期待できるだけではなく、「放射線の人体への影響を緩和できる可能性」をしめす研究論文が何本もでており、今の日本で健康に暮らすための力になれる可能性をもっています。

[kanren postid=”130″]

「RO水で、かつ水素水」を毎日の飲み水にすることは、安全と健康を確保するための最高の組み合わせといえるのではないでしょうか?

 

では具体的にどのような方法で「RO水の水素水」を飲めるのか?見ていきましょう。

 

RO水の水素水を飲む方法①:アルピナ(ハワイアンウォーター)に水素水キットをつける

さきほど「RO水の宅配水ウォーターサーバー」でご紹介した「アルピナ(選ぶ水の種類を『ハワイアンウォーター』にもできる)」のウォーターサーバーは、オプションで「水素生成器」を取り付けることができます。

alpi出典:トーエル公式サイト

このように通常のウォーターサーバー本体の横に「水素水キット」(水素を生成させてRO水に水素分子を充てんする機器)をとりつけるかたちです。

 

RO水の水素水を飲む方法②:「クールクー」の水素水ウォーターサーバーを導入する

こちらも先ほどあげた「水道直結型・RO膜ろ過システム内臓ウォーターサーバー」である「クールクー」を水素水サーバーにすることができます。

cooclld出典:クールクー公式サイト

こちらはアルピナとは違って「水素生成部分」も本体に内臓されています。

 

 

まとめ

以上、現状で「RO水で放射性物質を防ぎ、水素水で耐内部被曝効果を高める」という目的に合致した2つのウォーターサーバーについてご紹介してみました。

この2つのウォーターサーバーの詳細についての記事もありますので、興味のある方は参考にされてみてください。

[kanren postid=”2874″]

[kanren postid=”2944″]

 

水の安全を確保し内部被曝を防げる可能性があることから、これからの日本ではこうした水素水サーバーが主流になっていくことを個人的には願っています。