水素水とは

水素水に副作用はないの?|水素の安全性が心配な方へ

「水素を生活に取り入れるようになって〇〇な良い変化があった!」

といった口コミは多いですが、もしそこまで効果があるのだとすると「副作用」も心配になりますよね。

ここでは水素に副作用があるのかどうなのか?水素水や水素サプリを飲みすぎても弊害はないのか?について確認してみようと思います。

 

水素が「食品添加物として認可されている」ということについて

まず国の認可という面からのお話を。

水素水は「分子状水素(H2)を水に高濃度に溶け込ませたもの」ですが、この分子状水素(H2)は1995年に厚生労働省から「安全な食品添加物」としての認可を受けています。

20年以上前の話ですね。

じつはこの20年のあいだに「やっぱり安全性に問題があった!」ということで、20品目以上の物質が認可を取り消されています。

水素はちゃんと20年以上残りつづけているので、その意味で「安全性は認められている」といっていいでしょう。

 

水素分子は体内でどう反応していくのか?

では次に水素が体内でどう反応していくのか?という面から副作用の可能性についてみてみましょう。

水素はもともと他の物質との反応性が弱い

まず、水素は他の物質と反応する力はもともと弱いため、水素じたいが体内で副作用を引き起こすような毒性をもっていないという性質があります。

たとえば水素と同じように抗酸化力をもつビタミンCやビタミンEと比べても、他の物質と反応する力は弱いんですね。

「反応性が弱い」=「毒性がない」というのが水素の特長のひとつです。

■ 反応性が弱い=抗酸化力も弱いのに、なぜ水素がすぐれた抗酸化物質といわれているかというと、

  • 酸化力が強く細胞を傷つけやすい活性酸素「ヒドロキシルラジカル」のみに反応し、他の「からだにとって必要な」活性酸素には反応しない
  • 宇宙一小さい分子でどこにでも入っていけるため、体中の隅々まで届くことができる

という性質によります。

 

水素は体内に蓄積しない

水素は体内に蓄積されず、あまった水素分子は呼気とともに排出されるので、「水素の過剰摂取」といった問題が生じる可能性もありません。

また体内の活性酸素(ヒドロキシルラジカル)と反応した水素はどうなるかというと、こちらは「水」になります。

「反応した水素」も「あまった水素」もまったくからだにとって問題にならないのがわかりますね。

 

「抗酸化物質の弊害」も水素にはない

「細胞の老化や病気の原因となる活性酸素を取りのぞく」のがβカロチンやビタミンC・ビタミンEに代表される「抗酸化物質」のはたらきです。

美容やアンチエイジングのためにさまざまな抗酸化物質の摂取が推奨されるのはこのためですが、「抗酸化物の取りすぎには弊害もある」という話もあります。

 

たとえばコペンハーゲン大学病院の研究者が2007年に発表した論文によると、23万人以上の対象者についての68の研究・385の論文を調査したところ、

「βカロチンで7パーセント、ビタミンAで16パーセント、ビタミンEは4パーセント死亡リスクを高める」

という結果がでています。

(参照:抗酸化サプリメントが寿命を縮める|Mortality in Randomized Trials of Antioxidant Supplements for Primary and Secondary PreventionSystematic Review and Meta-analysis )

抗酸化作用のすべてがいいわけではない

活性酸素はすべてが悪モノというわけではなく、精子をつくったり外から入ってくる細菌を撃退するといった、体内で必要な活性酸素もあります。

そのため抗酸化物質によってこれら役に立つ活性酸素まで取り除かれてしまうと、からだにとっては逆効果になってしまう可能性があるんですね。

 

それにたいして水素はこうした役に立つ活性酸素には反応せず、細胞を傷つける強力な酸化力をもったヒドロキシルラジカルのみを取り除くため、「抗酸化物質の摂りすぎによる弊害」も心配する必要がありません。

 

 

まとめ

というわけで、水素の副作用の可能性についてまとめると、

  • 厚生労働省に「安全な食品添加物」として20年以上認められ続けている
  • 水素の体内での反応のしかたから考えても、副作用の可能性は考えられない

ということがいえます。

水素水や水素製品の摂取、水素入浴などについて副作用を心配する必要はありませんので、安心して水素を生活に取り入れていただければと思います^^