卓上型水素水サーバー

水素水サーバー「スイソサム」って?ガウラそっくりの水素水サーバーについて調べてみた結果

最近水素水サーバーについていろいろと調べていますが、うちで使っている「ガウラ」シリーズにそっくりな水素水サーバーをみつけました。

調べてみた結果、以外な事実が判明しました・・

水素水サーバー「スイソサム」

水素水サーバーについて調べていると「スイソサムの水素水サーバー」というのがあることを知ったのですが、スイソサムの公式サイトを訪れてみてびっくりしました。

sum1 sum2

「スイソサムの製品ラインナップ」のページにこの2つの水素水サーバーが掲載されていたのですが、

これって人気の高い水素水サーバー「ガウラmini(ミニ)」と「H2ガウラ」にそっくりです!

gauraminimini
▲卓上水素水サーバーで人気の「ガウラmini」

スクリーンショット 2016-08-06 20.52.17
▲水道直結型の水素水サーバー「H2ガウラ」

 

「スイソサム」の水素水サーバーは「ガウラミニ」「H2ガウラ」と同じ?

製品のルックスからすると、どこからどう見ても同じ製品に見えます。

それだけでなく、製品のデータを見てみても「スイソサム」の水素水サーバー「アキュー」「マーキュリー」と「ガウラミニ」「H2ガウラ」は同一製品のように思えました。

例をあげると・・

ガウラミニ アキュー
(スイソサム)
サイズ

18x38x33.9cm

18x38x33.9cm

タンク容量 4L 4L
水素濃度 1.0ppm 1.0ppm
消耗品 カートリッジフィルター カートリッジフィルター

 

サイズまでぴったり同じです。

ここまで同じということは、何か事情がありそうですよね。

そこでスイソサムの公式サイトの「お問い合わせ」から質問を送ってみることにしました。

 

「株式会社スイソサム」さんに問い合わせてみた結果・・

[speech_bubble type=“std” subtype=”L1″ icon=”konn3.jpg” name=””] 

こんにちは。

御社の水素水サーバーを公式ホームページで拝見したのですが、株式会社ガウラさんの水素水サーバーとそっくりだったのでびっくりしました。

そこでひとつお伺いしたいのですが、御社の製品はガウラさんのOEM製品か何かなのでしょうか?

[/speech_bubble]

このような質問をおくったところ、さっそく返答をいただくことができました。

[speech_bubble type=“std” subtype=”L1″ icon=”kawaiikao.jpg” name=””]

お問合せ有難うございました。

ご質問の件ですが、㈱GAURAさんは弊社のOEM商品です。

[/speech_bubble]

!!!!

なんと思っていたのと逆で、「ガウラさんの製品がスイソサムさんのOEM製品」ということだったんですね。

ガウラ製品があまりにもポピュラーだったので、失礼な先入観を抱いてしまいました^^;

「スイソサム」が優れた製品をつくり、「ガウラ」がそれを広めている

株式会社ガウラといえば、スポーツジムやフィットネスクラブへの水素水サーバー導入実績がNo.1ということで評判なので、てっきり水素水サーバーをつくっているメーカーなのだと勘違いしていました。

製品をつくっているのは「株式会社スイソサム」さんで、

株式会社ガウラさんはその製品をマーケティングやスポーツクラブへの導入などを通して世に広めているという構図だったんですね。

 

わたしたちユーザーは「スイソサム」からも水素水サーバーを購入することができる?

そこで気になったのは、

■ 私たちユーザーは「スイソサム」からも水素水サーバーを購入したりレンタルしたりできるのか?

■ もしそれができるとすれば「ガウラ」の水素水サーバーを購入したりレンタルしたりするのに比べてどちらがお得なのか?

というポイントです。

 

「株式会社スイソサム」の公式ページを見てみると掲載されているのは製品情報だけで、「いくらで販売している」とか「いくらでレンタルできます」といった情報はありませんでした。

株式会社スイソサムさんは、あくまでも製造メーカーとしての立場で活動されているようです。

 

代理店からスイソサムの水素水サーバーを利用できる

ではスイソサムの水素水サーバーはどういった経路で利用できるのかというと、どうも個別に契約した「代理店」が日本中にあり、そうした代理店をとおしてスイソサムの水素水サーバーが利用できるようです。

たとえば次のようなページをみつけることができました。

岡山市の水素水サーバーリース「スイソサム」

水素水サーバー スイソサム長野

こうした地方の一企業が代理店となって、スイソサムの水素水サーバーをリースしたり販売したりといったことが行われているようです。

ちなみに上のリンク先でリース料などを確認してみると、水道直結式の「H2ガウラ」の同型と思われる「マーキュリー」(YWH-S1)のリース料は次のように設定されていました。(参考までにH2ガウラのレンタル費用と比較しています。)

マーキュリー H2ガウラ
初期費用 24,000円 レンタル1ヶ月分+工事を依頼する場合は工事代9,000円〜
月額レンタル費用(税別) 8,000円(2年契約) 5,980円(3年契約)
6,980円(2年契約)
年1回のメンテナンス費用 無料 無料

 

このように、やはり「H2ガウラ」のほうがお得に使えることがわかりますね。

「H2ガウラ」のほうが全国的に展開しており販売数・リース数の規模も大きいはずなので、H2ガウラのほうが安い費用で提供されているのは当然かな、と思います。

 

 

まとめ

ということで今回は偶然みつけた水素水サーバーの会社「スイソサム」が、人気の水素水サーバー「ガウラシリーズ」の製造元だったというお話でした。

はじめてこの話しを知ったときはちょっと意外でしたが、考えてみれば「よりよい製品をつくる才能」と「よい製品を効率よく世に広めていく才能」は違いますよね。

そう考えると「よい製品をつくる株式会社スイソサム」と「それを世に広めていく役目を負った株式会社ガウラ」という役割分担がうまくできていていて、それが今の水素水サーバーガウラシリーズの人気につながっているんだろうなと感じました。