7.0ppm超高濃度水素水

水素水7.0 aquela の作り方

「水素水7.0 aquela」水素発生

≫高濃度水素水「水素水7.0」は本当に高濃度か?
こちらの記事で「水素水7.0aquela」が非常におすすめできる水素水であることをお伝えしました。

つくるのに少し手間はかかりますが、水素濃度・コストパフォーマンスの面からみると、「水素水」としては右に出る商品はないのではないかと思うほどです。

ただこちらの商品、業界随一の7.0ppmの水素濃度を出すだけあって作り方がオンリーワンの独自方式で、他にはないやり方です。

水素水をつくった経験がある方でも想像を超える可能性があるので、ここでどういった流れで水素水を生成させるのかをご案内してみようと思います。

 

※追記:「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」は2017年9月現在販売を終了しています。

同じ製造元がつくっている「セブンウォーター エクストラ」という製品が、現在のところ内容的にほぼ同じ製品となっています。

 

水素水7.0 aquelaの作り方

「水素水を自宅でつくる」というと、よくあるのは「金属マグネシウムを含んだセラミックの棒を水に浸けることで水素を発生させる」というタイプです。

このタイプだと「マグネシウムスティックを水に浸けて待つだけ」なので、何も考えることはありません。

それに比べると、「水素水7.0 aquela」の作り方は初めてのときはちょっと手間取るかもしれません。

でも、何回か作っているうちにマグネシウムスティックの場合と同じくらい簡単にできるようになるので、安心して取り組んでいただければと思います。

まずは「スターターセット」が必要

水素水7.0 スターターセット

「水素水7.0 aquela」で水素水をつくるには、まず「スターターセット」を購入する必要があります。

楽天などで検索すると『アキュエラ「水素水7.0」ppm(30包)』というような商品が出てきますが、これは「水素発生剤」のみなので注意が必要です。

 アキュエラ「水素水7.0」ppm
この浮いているのが「水素を発生させるカプセル」です。

最初は、このカプセルやスポイトがセットになった「スターターセット」を選ぶ必要があります。

 

詳しい説明書がついています

「水素水7.0 aquela」のスターターセットの中には詳しい説明書と、「クイックスタートガイド」的なカラー写真つきのマニュアルがついています。

水素水7.0 aquela
こちらが説明書。

 

「水素水7.0 aquela」水素水の作り方
こちらがクイックスタートガイド(水素水の作り方)です。

ではスタートします。

①まずは付属のペットボトル(500ml)に水を入れます。

口から約3.5cmくらいの所まで入れますが、これはあとで水素発生用のカプセルを入れたときにちょうど満タンになるレベルまで、ということです。

ちなみに「水素水7.0 aquela」は水以外の飲み物にも水素を注入できます。その場合は飲みたい飲み物をペットボトルに入れてください。(HOTは不可)

②青い袋に入った水素発生剤を取り出し、軽く振って中の粉を片側に寄せます。

そして半分のところで折り曲げます。

「水素水7.0 aquela」水素発生剤
これを・・

「水素水7.0 aquela」水素発生剤
こんなかんじに折り曲げます。

③カプセルの中に「中筒」というものが入っているのですが、それに今折り曲げた水素発生剤を「折り曲げた側から」奥まで差し入れます。

水素水7.0 アキュエラ 作り方
こんな感じですね。

 

④この中筒に、付属のスポイトで水を入れます。

水素水7.0アキュエラ 作り方

 

※ここで入れるのは「水」じゃないといけません。水素ジュースを作る場合もここでは水をいれてくださいね。

 

⑤中筒のなかで水素発生剤と水が反応して発熱を始めますので、熱くなり過ぎないうちに中筒をカプセルにいれ、バブルキャップを閉めます。

水素水7.0アキュエラ 作り方

ゆっくりしていると熱くなるので注意!

 

⑥出来上がったカプセルを、最初のペットボトルの口から投入。

↓この状態になります。
「水素水7.0 aquela」水素発生

 

⑦キャップをきちんと閉め、10〜15分ほど放置します。

すると・・
ぷくぷくと水素が発生し始めます。

そして徐々に水位が下がってきてます。発生した水素によってボトル内部の圧力が高まってきているんですね。

 

⑧10分〜15分ほどして水素の発生が止まったら、水素水を飲む準備は完了です。

飲む直前に、ペットボトルの中ほどをつかんで手首の回転で30秒ほどシェイクします。

ここで水素と水が混ざり合い、高濃度の水素水の出来上がりです。

 

この段階で出来上がる水素濃度は5.0ppm

実はこの段階でできた水素水の濃度は5.0ppmで、商品名にもなっている7.0ppmにするためにはもう1ステップ必要です。

*7.0ppmにするには・・

⑧のシェイクをする前の段階で、冷蔵庫に投入します。そしてそのまま24時間寝かせ、24時間後、同じように飲む直前にシェイクします。

すると最高濃度、7.0ppmの超高濃度水素水の出来上がりとなります。

 

わかりづらかったですか?

以上、「水素水7.0 aquela」の作り方を順を追ってみてみましたが、いかがだったでしょうか?

やっぱりこうして1ステップずつ文章で説明していってもわかりづらいですよね。。

 

と思っていたら詳しい動画がありました!


これを見るのが一番理解が早かったです(汗)

私の文章がわかりづらかった方はこの動画で理解を深めていただければと思います。

 

 

 

※追記:「水素水7.0 aquela(アキュエラ)」は2017年9月現在販売を終了しています。

同じ製造元がつくっている「セブンウォーター エクストラ」という製品が、現在のところ内容的にほぼ同じ製品となっています。