MENU
    水素水とは何?その定義・特性について

    水道水にも水素は入ってる?市販の水素水を購入する価値はあるのか

    「水は『H2O』なんだから、ふつうの水道の水にも水素『H2』は入ってるでしょ」

    といった話があります。

    もしそうだとしたら「水素水」として販売されている製品はすべて詐欺ということになってしまいますが、これは誤りです。

     

    水(H2O)を飲んでも体内で水素(H2)にはならない

    水の化学式のなかに「H2」があるのでまぎらわしく感じる方もいるかもしれませんが、「H2O」(水分子)と「H2」(水素分子)の性質はまったく異なります。

    また、水を飲んだあとに体内で「H2O→H2とOに分解される」といった反応も起こりません。

    水は体内にはいってもH2Oとして結合したままであって、水素(H2)としてのはたらきをすることはないんですね。

    ■ 水素水というのはあくまでも「H2O」という水分子のなかに「H2」というまったく性質の異なる分子が溶けて漂っているものです。

    水素(H2)を体内に届ける媒体が水(H2O)ということですね。

    ちなみに「水素水」という名称が先行して広まっていったため勘違いされることが多いですが、水素水はたとえば「〇〇波動水」のように「水がすごい」といわれているわけではありません。

    あくまで「水素分子」の生体内でのはたらきが注目を集めているわけで、

    水素水は、

    • 水素分子を体内に届けるために水に溶け込ませたもの
    • 水素分子を体内に届ける方法のひとつにすぎない

    ということを覚えておいていただければと思います。

     

    「水道水にも微量の水素が含まれている」という話について

    別の話で、

    「水道水やミネラルウォーターにも微量の水素分子が溶け込んでいるので『水素水』といえなくもない」

    と言われることもあります。

    たしかに水素水には「水素濃度が何ppm以上」といった公的な定義がないため、「水素分子が完全にゼロではないからこれも水素水です」と言い張られるとどうしようもありません。

    実際、ペットボトルで販売されている(自称)水素水のなかには水素が検出されないものもありますが、そのような業者の言い逃れの材料になっているのが、

    • 現状、水素水に水素濃度の基準がない
    • 水道水やミネラルウォーターにもわずかながら水素分子が含まれている

    ということなんですね。

     

    水道水やミネラルウォーターに含まれる水素量は、市販の水素水の100万〜200万分の1

    ただ、水道水やミネラルウォーターに含まれる水素量がどれくらいかというと、市販の水素水の100万〜200万分の1というごくごく微量にとどまっています。

    ■ 空気中に100万〜200万分の1の割合で存在する水素が、自然に水のなかに溶け込んでいるんでいます。

    市販の水素水には水道水の100万〜200万倍の水素が含まれているわけで、これらをいっしょに語ることはできませんよね。

     

    水素の臨床研究がさらに進んでいけば、「〇〇ppm以上であれば効果が期待できる」という基準もよりはっきりとしたものがでてくると思います。

    水素水についての混乱を防ぐため、なるべく早く「水素水の定義は水素濃度〇〇ppm以上」といった公的な基準が確率されていくことを期待したいですね。

     

     

     

    ABOUT ME
    管理人KON
    長年敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。 そこから水素の医学研究や様々な製品にも強く興味を持つようになり、その調べた内容や、実際に使ってみた体験談をまとめています。>>詳しいプロフィールはこちら
    水素吸引・水素吸入特集

    「寝ても寝ても疲れがとれない」
    「慢性的な持病をなんとかしたい」
    「いつまでも若々しく健康でいたい」
    「家族の健康のために、何かできることをしたい」
    「美容や健康にプラスになることをしたい」

    このような思いをもって、水素吸引に興味をもっている方はどんどん増えてきています。

    でも、1回数十分で5,000円近くかかる水素サロンなどに通い続けるにはコストがかかりすぎます。

    かといって現在市販されている水素吸引器を検討しようにも、価格や規格がバラバラで

    どうやって選べばいいのかわからいない!!

    という方も多いのではないでしょうか?

    私も水素吸引器を検討し始めたときは同じような悩みを抱えていました。

    そこからさまざまなメーカーさんいも問い合わせたりしながら、かなりつっこんだところまで各水素吸引器について調べ上げ、納得いく水素吸引器選びをすることができたという経験があります。

    そこでこのプロセスで身につけた「失敗しない水素吸引器選びのコツ」を、約1分で読める無料メール講座全7回としてシェアさせていただきたいと思います。

    自宅に満足できる水素吸引器があると、本当に人生の質が変わります。

    少しでも興味のある方は、ぜひご登録してみてください。

    1日1分でわかる!水素吸引器の選び方無料講座全7回

     

    2016年12月に「水素ガス吸入治療」が厚生労働省の「先進医療B」に認定されて以降、水素吸引が注目を集めています。

    当サイト「スイスピ」では

    『水素吸引についてのアンケート調査』
    『市販の水素吸引器を徹底比較』

    などをおこない、水素吸引の恩恵が身近なものになるようなコンテンツを掲載しています。

    美容や健康のために「水素吸引が気になっている!」という方はぜひ参考にしてみてください。

    >>水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ

     

    >>【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?