MENU
    水素トピック・ニュース

    アメリカでも水素水は受けれいれられている?|海外の健康情報サイトをのぞいてみた

    水素水の医学的な研究が盛んになるきっかけをつくったのが、2007年に発表された日本医科大学太田成男教授による下記の論文です。

    Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals. Ohsawa  I, Ishikawa M, Takahashi K, Watanabe M, Nishimaki K, Yamagata K, Katsura K.-I, (…), Ohta S, Nature Medicine. 2007;13 (6):688-694.

    naturemedi

    この論文が国際的な学術誌である「nature medicine」上で発表されて以降、世界中で水素の医学的研究が始められ、6年間で300報もの論文が発表されました。

    ただ、その中でも日本での研究がもっとも進んでいるとのことで、水素水に関連する製品がいちばん充実しているのも日本だと思われます。

    そこで、

    「他の国では水素水は受け入れられているんだろうか?」

    という疑問が湧いたので、ちょっと調べてみました。

     

    アメリカの健康情報マガジンで水素の紹介が

    すると、アメリカの有名な健康情報webマガジン「Bottom Line」というサイトで扱いがあるのをみつけました。

    どのようなものかご紹介してみたいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Should  We All Be Drinking Hydrogen-Rich Water?

    スクリーンショット 2015-09-14 6.03.10

    わたしたちは水素水を飲むべき?

    上司と初めて水素水についての記事を出すことを議論していたとき、彼女は懐疑的でした。

     

    「わたしは地球で育ったホンモノの食べ物が好きだわ。実験室でつくられたニセモノじゃなくてね。なにが悲しくて自分の飲む水をいじられなきゃいけないわけ?

     

    とはいえ、水素水はフリーラジカルによる細胞への攻撃を防ぐことから生じる健康への効果が評判で、さらに調べてみるに値するものでした。

    そんなわけで、私はピッツバーグ大学の准教授であり、水素水についての研究を行っていたアツノリ・ナカオ医学博士にコンタクトをとったのです。
    彼はまだ予備的な研究ではあるものの、興味をそそられるその研究内容について説明してくれました。

     

    いかにして水素が体内で機能するか?

    「ご存知のとおり、水の分子(H2O)は1つの酸素原子が2つの水素原子と結合することでできています。わたしたちの身体において水素は抗酸化物質としてはたらき、細胞のダメージや炎症を防ぎ、DNAを守り、破滅的な細胞増殖と戦ってくれます。

    問題なのは、水の中の水素が、私たちの身体の細胞になかなかアクセスできないことです。なぜなら自由な水素分子(他の分子と結合していない水素分子)は比較的マレであり、また非常に軽い分子であるためすぐに揮発してしまうからです。」

    水素水のポイントは、細胞が使用しやすいかたちの水素分子をからだに供給できるということですね。

    水素水は簡単な化学反応によってつくれますよ。金属マグネシウムを含んだセラミックの棒を水のなかに浸けこめばいいんです。するとマグネシウムによって水素がコンスタントに生成されていきます。」

    「水素水の効果についての研究の数は限られていいて、長期的な影響についてのデータはまだわずかしかありません。しかし人間の身体にたいするここまでの予備的な研究は、水素水を飲むことが身体にとってとてもいいということを示しています。」

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    というわけで、アメリカの大学・研究機関でもこうして水素水の医学研究がすすめられているんですね。

    日本の情報だけに触れていると見方が一方的になることもあるかもしれませんが、こうして海外の情報に触れてみると視界が広がる気がします。

     

    ちなみに「なにが悲しくて自分の飲む水をいじられなきゃいけないわけ?」と反応する上司の気持ちもわかりますが、水素水は「水をいじっているわけではない」という点は押さえておきたいですね。

    「砂糖水」と同じように水が何か別のものに変化しているわけではなく、水素分子を運ぶ媒体として水に溶け込ませているのが水素水です。

     

    海外でも水素製品が広がりつつある

    海外でも水素の医学研究がすすめられているのにともなって、水素製品も広がりを見せているようです。

    たとえばアメリカの「Amazon.com」で「Hydrogen stick」(水素水スティック)と検索すると・・・

    ▲このように、何種類もの水素水スティックの製品がでてきます。

     

    また、うちでも購入したこちらの水素ガス吸引器・・

    水素吸引器H2ヒーラーで1ヶ月吸入してみた結果|効果や使い勝手の口コミ体験談私が自宅用の水素吸引器を検討し始めたとき、どこをどう比べればいいかまったくわかりませんでした。 そこで、かなり詳細まで突っ込んで調べ尽...

    日本に入ってきたのは最近のことで、すでにスペイン・スウェーデンなどの欧州諸国、中東や中国の富裕層向けの販売実績があるそうです。

    とくに水素ガス吸入については日本でも厚生労働省に「先進医療B」として認定もされていますし、これからも世界でひろく受け入れられていく可能性は大きそうですね。

     

    まとめ

    ということで水素の医学研究は海外でもすすめられているだけでなく、水素製品についても確実に広がりをみせているようです。

    今後も海外の情報は定期的にチェックしていきながら、興味深い情報があれば追加していきたいと思います。

     

     

    ABOUT ME
    管理人KON
    長年敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。 そこから水素の医学研究や様々な製品にも強く興味を持つようになり、その調べた内容や、実際に使ってみた体験談をまとめています。>>詳しいプロフィールはこちら
    水素吸引・水素吸入特集

    「寝ても寝ても疲れがとれない」
    「慢性的な持病をなんとかしたい」
    「いつまでも若々しく健康でいたい」
    「家族の健康のために、何かできることをしたい」
    「美容や健康にプラスになることをしたい」

    このような思いをもって、水素吸引に興味をもっている方はどんどん増えてきています。

    でも、1回数十分で5,000円近くかかる水素サロンなどに通い続けるにはコストがかかりすぎます。

    かといって現在市販されている水素吸引器を検討しようにも、価格や規格がバラバラで

    どうやって選べばいいのかわからいない!!

    という方も多いのではないでしょうか?

    私も水素吸引器を検討し始めたときは同じような悩みを抱えていました。

    そこからさまざまなメーカーさんいも問い合わせたりしながら、かなりつっこんだところまで各水素吸引器について調べ上げ、納得いく水素吸引器選びをすることができたという経験があります。

    そこでこのプロセスで身につけた「失敗しない水素吸引器選びのコツ」を、約1分で読める無料メール講座全7回としてシェアさせていただきたいと思います。

    自宅に満足できる水素吸引器があると、本当に人生の質が変わります。

    少しでも興味のある方は、ぜひご登録してみてください。

    1日1分でわかる!水素吸引器の選び方無料講座全7回

     

    2016年12月に「水素ガス吸入治療」が厚生労働省の「先進医療B」に認定されて以降、水素吸引が注目を集めています。

    当サイト「スイスピ」では

    『水素吸引についてのアンケート調査』
    『市販の水素吸引器を徹底比較』

    などをおこない、水素吸引の恩恵が身近なものになるようなコンテンツを掲載しています。

    美容や健康のために「水素吸引が気になっている!」という方はぜひ参考にしてみてください。

    >>水素ガス吸入の効果を知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ

     

    >>【決定版】水素吸引器の選び方|価格・口コミ・持ち運びOKなど、吸入効果が高いおすすめはどれ?